これは素晴らしい!ミズノランニングフォーム診断システム「F.O.R.M.」に行ってきたの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

■はじめに


 

 「綺麗なフォームで走りたい・・・」ですよネ。しかし甘くはない。それも承知。ならいっそ、プロに教えてもらったらどうか?

 

 という事で、私巷で話題の「ミズノランニングフォーム診断システム「F.O.R.M.」」を受けに、新潟から都内までテクテク出掛けてきました。

 

 先に結論を!このプログラム・・・体験する価値が大いに有る!です。特に初心者の方ほど、その効果は高いのではないでしょうか。

 

 まあ、新潟のスキー・スノボ教室も同じようなもの。独学でも前に進めますが、プロの指導を受けることがゴールへの最短距離。同じです。

 

 実は店内撮影禁止なので現場画像は有りません。画像等は専用サイトからどうぞ!今回本文非常に長いですがそこはご容赦を(^^)!

 

 ミズノ「F・O・R・M」専用サイト⇒ http://www.mizuno.jp/running/runningform/

 

*エスポーツミズノさん(H29.5)👇

 

 

■予約のお話


 

 減量対策で49歳から走り始めた私。3月の新潟ハーフを完走するも、右股関節痛で翌日靴下履けず。ハーフは誤魔化せません(>_<)。

 

 1ケ月で良くなりましたが、我流フォームを直さないとまた故障する予感が。かと言って、何がどう悪いのかさっぱり解らない。

 

 と思っていたある日、ふと見たサイトにミズノランニングフォーム診断システム「F・O・R・M」との文字が!良く調べてみると・・・、

 

 ‘芦茲膿巴任靴討れるらしい。
 点数を付けてくれるらしい。
 色々教えてくれるらしい。
 て芦茲聾紊覗ってくれるらしい。

 

 「オオオ〜これは!」と、元来体験系好きの私はその場でボチッと即予約。都内小川町のミズノさんへ出向くことになったのです。

 

 因みに、診断は3種類有ります。点数測定だけのコース、グループ測定のコース、点数測定とトレーナーの直接指導付コース。

 

 私は勿論、指導有り一択!そもそも度々都内に来れません。60分、マンツーマン、6千円+税也。行く前からテンション超UP!

 

*新潟ハーフ激走(H29.3.新潟スタ)👇

 


■事前準備のお話


 

 予約が完了すると、指定アドレスに即メール。フムフム。そこには、当日の服装や受付時間などの詳しい注意事項が書いて有ります。

 

 難しい話は無いのですが、キャプションする関係で黒っぽいウェア推奨との事。後光るラインが側面に無い方がいいようです。

 

 盲点は靴下。意外と無いんですよネ。特にrun用は。私も無かったので、ビジネス用綿ソックス(黒)を持参することにしました。

 

 まあ、走るといってもトレッドミルを5分+3分程度。問題ないかと。実は、会場にウエア等結構準備して有りました。貸してくれるのかな?

 

*Myウエア(基本黒・H28.10.柏崎M)👇

 


■ミズノさんに行くまで(新潟県民視点)


 

 いよいよ当日。小川町の靖国通りに面したエスポーツミズノさんを目指します。所謂、ミズノ直営ショップ都内旗艦店ビルです。

 

 交通機関は地下鉄1択最寄り駅神保町小川町。共に改札から徒歩5〜6分。新幹線で来た方は、東京駅で丸の内線乗換淡路町駅下車が便利。徒歩7〜8分です。

 

 余談ですが、淡路町駅からの地下通路は鬼アップダウンが有ります。暑くなければ地上がbetter!余計な疲労感無く測定できます(^^)。

 

 県民なら車でしょう!の方は、関越直進→新目白通り→靖国通りと九段下の左折一回で着きます。渋滞なければ練馬ICから約40分です。

 

 実は、現地でミズノビルを探すことが難しかったりします。付近はスポーツショップ密集地帯。ミズノさんは案外地味だったりして・・・。

 

 Googleさんのストリートビューなんかで、外見を確認していくと良いかもしれませんネ。

 

*という事でMapはこちら👇

 

*エスポーツミズノさんの外観。カラフルな旗が目印。(H29.5)👇

 


■いよいよ診断スタート!


 

 まずは、2階支払いカウンターで受付。そして、隣の測定スペースへ。入口に本日予約者一覧があって朝からギッチリでした。

 

 早速担当トレーナーさんと軽く挨拶して、走る服装に着替えて準備終了!先ずはアンケートを記入。内容はタイムや練習量・故障暦。

 

 次に、参加目的なんかをトレーナーさんと確認して、いよいよあの卓球ボールみたいなキャプション用のボールを付けていきます。

 

 このボールを付けると、何故かテレビの収録的雰囲気になって、一人勝手にテンション盛り上がってくるから不思議です。

 

 さて、いよいよ走ります。トレッドミルの速さは自己申告制。練習時間有るので安心です。5分位走ると撮影終了。診断結果を待つのみ!

 

*ジッと待つのみ!(H29.5.TDS)👇

 


■こんな診断結果が出てきます



 診断結果は直ぐに、専用シートと動画そしてモーションキャプチャー動画の3種類で説明してくれます。

 

 まず専用シート。総合点、フル予想タイム、足の動き等データ満載。いつ計測したのか、プロネーションや着地の左右振れ幅も有り。

 

 このシートを見ながら、主に全体的な傾向や特徴をトレーナーさんが詳しく解説してくれます。プロの目で!しかし、関心は総合点!

 

 ちなみに総合点、プロが走ると90点台。一般の参加者平均が70点だそうです。私は・・・驚異の50点。潔くここは反省(>_<)!

 

 次に、より詳細な課題や正しい動き・改善方法を、動画を見ながら説明してくれます。凄く丁寧に!私、沢山有り過ぎてゴメンナサイ。

 

 さて、私の走りをざっくり纏めると、着地点が重心の前に有り、所謂足が詰まった走りになって、関節に負荷がかかっているとのこと。

 

 教えて頂いた対策を又ざっくり纏めると、骨盤角度を正しく、足の指を使い、腕振りで肘が体の前にでないようにする。

 

 これら一連動作が上手く回りだすと、踵の後への蹴り上げが出てきて、自転車を漕いでいる感じになってくるらしい・・・のです。

 

*ゼハゼハ休憩中の私(*_*;(ハーフ)を追い越すフルのトップランナー。素晴らしいフォーム。👇

 

 

 こりゃ、素人の自己分析や修正は無理ですネ(^^)。ミズノさん流石です。新潟にも診断システムあればナ〜。

 

 余談ですが、トレーナーさんから骨盤の正しい位置を体感する方法を教えてもらいました。やってみたら、今は少し後ろでした。

 

 この位置を保つには腹筋に力が入ります。よく下っ腹に力を!と言いますが、この時初めて具体的な腹筋の使い方が判明。納得!

 

 最後に、再度トレッドミルを数分走ります。そして、動画でフォームが良くなった事を確認してプログラム終了。お疲れさま。

 

 ところで、私実際体験して思うのですが、このシステムは受け身でなく能動的に質問することで更に効果的になると思います。

 

 プロの意見を聞きつつも疑問点はどんどん聞いて、自分で答えに近づけていく!そんな気持ちで参加すればベストかな?

 

 私も色々質問しましたが、その都度トレーナーさんの引き出しは凄いな〜と感心しました。どんな小さな質問にもしっかり答えてくれますヨ。

 

*診断シートA4版(H29.5)👇

 

*実力相応!ハイ納得!(H29.5)👇

 

*診断シート。これは判りやすい!もちろん下はプロ見本。(H29.5)👇

 


■後日談のお話


 

 トレーナーさんは最後に、「フォームは直ぐには変わりません。焦らずに。」と教えてくれました。ゆっくりやっていくので安心を。


 後日談(当日)ですが、撮影動画が20秒くらいに纏められてメールで届きました。50点フォームは即保管庫行になりました(*_*)。

 

 帰宅後我が心の師金哲彦さんの本を改めて読みました。ミズノさんと同じ事が所々に。金さんゴメンナサイ。今度は理解しました。

 

*やすらぎ堤を颯爽と駆け抜けたい(H29.5.新潟市やすらぎ堤)👇

 

 

■おわりに


 

 私と同じく故障が心配、でも長く走っていたい!と感じる時、この診断は大きなきっかけになります。ぜひ参加してみてください。

 

 私自身も、年内に再度エスポーツさんを訪ねて測定してみたいです。少しは良くなったフォームで目指せ60点です。(^^)。

 

おわり

 


【関連ブログリンク】

 

・2017.06.10 「ミズノランニングフォーム診断効果を実感したの巻」

  ⇒ http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=18