雪の続く新潟で何とかRUNするの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 先週の1日だけ暖かい日が有って、冬の峠を越えたかな?って感じ。これが週2→3→4となり、新潟でも遅い春がやってきます。

 

 とは言え、その暖かさも有って道路は雪グチャグチャボコボコ状態。かえって走り難くなったりして。結果、またお世話になりました。

 

 新潟みなとトンネルさん。本当に素晴らしいです。夏も冬もオールシーズン快適なRUNコース。感謝感謝また感謝です。

 

 

新潟みなとトンネル

お年寄りのウォーカーが増えてきているような・・・

 

 

 今回は土曜日の午前中でしたが、私の走った海側通路で目測70名+α。街側通路とあわせて150名位でしょうか。

 

 またここは、外部影響が全く無い(良い意味で)単調なコース。なので、私は毎度考えたり試したり、テーマを決めて走ります。

 

 今回は中々完治しない左股関節痛がテーマ。走り方変えたり、ペースの影響測ったり。今までの対策整理したり・・・。

 

 

新潟みなとトンネル

ここが外界との境界?暖かくて路面の雪状況先週より悪化。残念。

 

 

 さてさて、そんな思考(試行も)の成果は後ほどまとめるとして、10km走ってみましたが思いのほかヘロリました

 

 理由は簡単オーバーペース!本当、スタート時は気持ち良かったんです。このまま20km位走れるんじゃねエ?なんて(>_<)。

 

 でもまあ、一応これでもマイスケジュール通り!今更ジタバタしても始まらないので、体を冬眠から目覚めさせる事が優先。

 

 

新潟みなとトンネル

来週また寒波到来。今度こそ最後でしょう・・・だといいな〜(弱気)。

 

 

 あれよあれよと、気付けば新潟ハーフまで後1月あまり。こんな練習量で大丈夫?と心配しつつ、実は結構楽しみだったりして。

 

 一応2月に一度ハーフを走り、3月は疲労を貯めないように体を動かす予定です。来週は道路走れるか?待つのみかな(^^)。

おわり

GV-E400系発見!新津駅の巻

JUGEMテーマ:鉄道・駅

 

 

 久しぶりの鉄ネタなのですが、本日新津駅で電車を待っていたら何だか見かけたことの無い列車が。

 

 おおこれは、先日公開されたばかりの「電気式気動車」GV-E400系量産先行車ではないですか(゜o゜ワオ!

 

 それにしても・・・地味(>_<)。て言うか、雪の中だとほぼ保護色状態で背景に溶け込む感じ。ある意味他に無い斬新さ?

 

 

GV-E400

雪が強くなるとピンクラインが消えてほぼ背景状態。

 

 

 きっとJRさんも、この色には深い訳があるはずで(そう願いたい)・・・何て思ってたら置き換え対象のキハ40系登場。

 

 比べて初めて判ったのですが、キハのベース白色って結構雪の中でも目立ちますネ。すると、益々GVさんが背景に消えて・・・。

 

 ついにはE129系も登場して、目立つ順に並んだりして( ̄0 ̄)オ〜。塗装もecoが世の流れでしょうか。

 

 

GV-E400

キハ40系登場。意外とホワイトが目立つから不思議。

 

 

GV-E400

偶然ですが目の前に3列車がイイ感じに並んで・・・奥の列車ほぼ背景同色。

 

 

 ちなみに正面は黒マスクなので、列車の視認性・安全性は十分です。後は折角の新車PR効果をどう出すか?ですネ。

 

 なお、報道によると時代変化にも風化しないシンプルデザインだそうです。成程!でも、また40年使う気満々の予感。

 

 個人的に、磐越西線系統をE120系の塗装でまとめて貰うと、駅でも判り易いのですが・・・(^^)。量産車が楽しみです。

 

 おわり

 

汗冷え無!パワーメッシュが素晴らしすぎるの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

(※2018.2.11加筆)

 

 それは昨年暮れの事、雑誌ター〇ンのトレラン特集を読んでいたら、フトそこに汗冷えしないインナーとの文字が・・・。

 

 ぐぐッと引き込まれた私。更に雨でも濡れないと!素晴らしい。この汗冷えって、体力消耗もですが何より妙に気持ち悪い。

 

 結局、寒い時期はRUN後に味噌汁飲んだり、リュックの担ぎ直しは「ヒエッ」と言って気合で誤魔化したり・・・。

 

 まあ、どうでもいい程度なのですが、できれば何とかしたいこの問題。結果、まずは買っちゃいました。¥5,616−也。

 

 

パワーメッシュ

ドライレイヤーという副題付き。使ってみると表示に偽り無し!

 

 

 まずは周辺情報を。これを作っているファイントラック社は、アウトドア好が集まって立上げたベンチャー企業。本社は神戸市。

 

 主に、実用性の高いウェア類を販売しています。このパワーメッシュもその一つ。キャチは濡れを肌から離すドライレイヤー。

 

 早速手元に届いた商品を着てみると、第一印象は「薄っ!」。効果あるのか少し不安に。で、まずは高尾山に登ったのです。

 

 

パワーメッシュ

こんなパッケージで届きます。軽いです。

 

 

パワーメッシュ

裏にはなぜ濡れないかのテクニカルな説明書きが。でも使うまでは半信半疑です。

 

 

パワーメッシュ

私はノースリーブのLサイズを購入。色々タイプがあります。

 

 

 さてさて、実際高尾山登った感想ですが、汗が滲んでくるとその効果はすぐ判ります。着ている部分だけ乾いて暖かいのです。

 

 特に休憩中は効果てきめん。他の部分は汗ダクでヒヤっと感じるのに、一番汗をかきそうな背中がサラサラ。もちお腹も。

 

 因みに、この暖かさというのはヒート○ックの強制的暖ではなく、自然な体温の暖かさという感じ。何とも不思議なのです。

 

 

高尾山

意外と運動中は効果に気付きません。でも休憩すると納得。(高尾山にて)

 

 

 それから運動時には、欠かさず着用するようになりました。毎回上半身サラサラです。素晴らしいです。

 

 面白いのは、汗が急に抜ける為か温度上昇を抑える効果も感じます。結局、暖かいのではなく温度変化が少ないのです。

 

 何度か走りましたが、温度変化が少ないことはRUN中のストレス低減にも繋がっているような・・・そんな気までします。

 

 

やすらぎ堤

今週の雪RUNも終わった後快適にテクテク歩いて帰宅できました。

 

 

 そんな◎のパワーメッシュですが、いくつか注意事項を(経験則も含めて)・・・。

 

(その1)同社含め市場に似た商品沢山有ります。それぞれ目的が微妙に異なります。うっかり購入に注意しましょう。

 

(その2)この上に必ず吸汗ウェア(できればピチピチ系)を着用しないと水分が上に抜けません。私も常に着用中。

 

 ⇒[加筆]2月にパワメの上を吸汗+綿Tシャツで走ったら、背中に少し汗を感じました。やっぱり上は吸汗+吸汗がいいみたい。

 

(その3)とにかく生地薄いです。ちょっと引っ掛けるとすぐビ〜といきそうな予感。洗濯要注意です。

 

 

パワーメッシュ

このアマゾンさんの画像が結局一番実物イメージに近いです。流石。

 

 

 と注意点も書きましたが、それ以上に余りあるメリットを感じています。今週の雪RUNも同様。味噌汁飲まずに余裕の帰宅でした。

 

 条件の悪いコンディションでのRUN経験はほとんどありません。が、そんな時にこそより効果を発揮してくれそうな気がします。

 

 寒い地方のランナーの皆さんには、特にお勧めしたい一品です。参考まで(^^)。  おわり

新潟市内で初練習した!の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 一昨日の事、2月に入ったと言うのに新潟市内は雪モサモサ・・・。そして、来週もまた冬型予報。今年の冬は中々終わりません。

 

 そんなブルーな気持ちでウェザーニュースを眺めていたら、土曜日AMに久しく見ていないお日さまマークが。マジか。

 

 そ〜と下にスクロールすると、次の晴れは2月10日まで無し(>_<)。もう、深い事考えずにとにかく外にでて走ってきました。

 

 

やすらぎ堤 雪

2/3午前中のやすらぎ堤。結構歩いている人がいた。

 

 

 さて、外に出てみると予報通りのいい天気!気分最高。で、何時もの柳都大橋たもとでアップをしながら、コースを考える私。

 

 歩道はどこも残雪有り。一方、車道は結構イイ感じ。結果人気の少ない路地の車道をクネクネ走る事でコース決定。

 

 次に内容。道路状況がまだヤバイので、距離より長い時間動くことに。おおよそハーフタイム2h30mの8割。2hで決定。

 

 

朱鷺メッセ 雪

残雪は多いけど本当久しぶりの青空。率直に嬉しい(^^)。

 

 

新潟市 雪

古町の路地を下(しも)から上(かみ)へそしてまた下へ。

 

 

新潟県政記念館 雪

ジョグしながら県政記念館を見るのは初めてかも。

 

 

行形亭

超高級料亭行形亭(いきなりや)前を通過。雰囲気最高。でも昼13,000円から!ムリ。(゜◇゜)

 

 

 さて、いざ走ってみるこれが結構快適。車が少ないとは言え、街中の車道はどこも凍結防止剤が大量にまかれており根雪無し。

 

 勿論所々雪があり早くは走れませんが、気温が低く思いの他2時間は楽に動く事ができました。一安心。(^^)

 

 最後にどうしてもやすらぎ堤を走りたくて、雪残ってましたが誰〜れも居ない堤防をそろそろ走り。中々よい気分でした。

 

 

やすらぎ堤 雪

比較的日当たりのよい右岸を強行突破!足冷たかったけどなぜか気持ちはイイ。

 

 

やすらぎ堤 冬

でも走っている間に北西から雲接近。結局あたらなかったけど雪でなく雨でした。

 

 

Screenshot_20180203-145254.png

こんな感じ。気温は1℃でしたが晴れは快適です。

 

 

Screenshot_20180203-145310.png

自分なりに車が少ない路地を選んだつもり。〇はkmではありません。

 

 

 さてさて、今日走ってみて感じたのは、こりゃ8分/kmで走ればハーフ完走できるナ!と思った事。計算上2h48m!

 

 このペースで十分。まだまだ初心者ですから!でも、このゆっくりができないんですよネ〜。毎度雰囲気にのまれてしまいます。

 

 いっそ、最後尾からスタートしようかとも思ってます。新潟ハーフまで後1月ちょっと。少し楽しみになってきました(^^)。       おわり

2018年始動した・・・都内で!の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 先週の雪は凄かったネ〜、なんて話していたら今週また暴風雪!新潟の冬は厳しいのです(>_<)!

 

 そんなこんなで、どうもRUNのキックオフができなかった私。で、気が付いたら新潟ハーフまで2ケ月切り!流石にヤバイ。

 

 ところが、この絶妙なタイミングで都内出張が!それも金曜日。結果、一泊余計に泊まって土曜日都内で始動となった訳です。

 

 

皇居 ランニング

 皇居前。毎年冬に関東いいなぁと羨み、GW頃には新潟が一番ダネ!そんな想いを半世紀繰り返している私。

 

 

 さて、金曜日の仕事が終わって、まずはウォーミングアップのつもりで台場をゆっくり4kmトコトコ走りしました。

 

 何せ外走りは実質2ケ月半ぶり。体の関節や筋肉に「ほら、これがRUNだよ!思い出してネ」と7:30/kmペース。

 

 でも毎年ながら、体はしっかり覚えていました。とは言え、久しぶりの屋外は思いの他疲れました。まずは準備運動終了!

 

 

新潟市 冬 メディアシップ

1/24の凍える新潟市内。中央区万代のメディアシップから。

 

 

台場 夕方

台場の準備運動は仕事終わりの夕方。少し雲が有りますが新潟に比べれば全然OK。

 

 

 で、いよいよ翌土曜日。今年初走りと意気込んで皇居へ。いつもの竹橋にあるRUN−PITさんで着替えて、準備完了!

 

 早速外に出て改めて空を眺めると・・・久〜しぶりに見る快晴の空。太陽が眩しい(>_<)。ここで、テンション急上昇。

 

 十分アップをして、230Jのスタートボタン押して、私も早速スタート!おおおおおおおお、この感じ!この爽快感(^^)。

 

 

皇居 ランニング

RUN−PITさんの前は皇居平川門。この日も結構寒くて、実はお濠もうっすら氷が張ってました。

 

 

230J

新調したガーミン230J。軽くてイイ感じ。ポチッとボタン押してスタート!

 

 

皇居 ランニング

走ったのは1/27でしたが、その週前半に振った大雪が寒くて消えず結構残っていました。(竹橋付近)

 

 

皇居 ランニング

お濠の斜面も結構な残雪。こんな都内は初めてですネ。驚きました。

 

 

皇居 ランニング

とは言え、路面はドライで天気はピーかん!気温は低めでコンディション的には最高でした。新らしくなった行幸通り。

 

 

 今回は6:30/kmのイメージで1周5km。昨日の台場準備運動のおかげか、思った以上に快調に走ることができました。

 

 もう1周?と悩みましたが、徐々に上げていく事が大切かと。今日はこれで十分。楽しくまた気持ちよい今年の初RUNでした。

 

 また、実際走って感じた事は、意外と2か月のブランクでも走れる事と、心肺は少し意識して上げる(戻す)必要が有りそうです。

 

 次から数回10km走って2月下旬に1度21km走る、大体そんなイメージでしょうか?目標:新潟ハーフ時間内完走!

 

 おわり

 

 

Screenshot_20180127-212716.png

新潟で屋外RUNできるのは2月中旬かな?

そろそろ2018年スタートの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 子供の頃、かの「お正月」を聞きながら、「お正月には凧あげて〜」⇒「新潟じゃムリ!」なんて一人ツッコミいれてました。

 

 そんな新潟も、今年の正月は異様な好天。また消雪ですネ何て話していたら、今度は13日からのドカ雪。変な天気です。

 

 

大雪

*チョット雪のけを遅らせたら、1/12アッという間に我が愛車雪だるまに!この後新潟市内の交通開店休業状態。

 

 

 

*年始はこんなにいい天気が続いたのに・・・。

 

 

 で、そんな私ですが、元々この時期は天気に関係なく、RUNはしないでポチポチ筋トレ兼休養で過ごすことにしています。

 

 思い改せば何シーズンか前、無理して冬場走ってはでに転倒したり、第一楽しくなかったり。お天気には逆らわず!

 

 幸いにして、最も心配な体重増も、正月明け絶妙なタイミングで風邪をひき、年末年始の蓄えを一気に放出!72kg代キープ中。

 

 

*年末年始に予想通り増えた体重が1/4でドーんと減少。危なかったです〜(^^)。

 

 

 さて、そんな年始も落ち着き、気が付けば新潟ハーフまで後2ケ月。少し天気も緩みぎみ。そろそろ、2018年スタートかと。

 

 まずは5km位からスタートして、徐々に距離を伸ばしつつ、2月下旬の暖かくなった頃に21km走る!そんなイメージです。

 

 また、昨日ガーミン230Jを購入しました。詳しくは後ほど。今結構モチベーション高いです。また1年間お付き合いを(^^)。  おわり

 

230J

*何気にカッコいい。詳細は後ほどレポします。

 

『京都鴨川でリベンジ!』新潟県民全国を走る(その12)の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

(*今回はH28.3に公開したブログの続編になります。過去ブログはこちら→ https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html )

 

 

 それは今から約2年前、旅行で訪れた京都鴨川を何気に走ってみて、その独特の文化的ロケーションにえらく心打たれた私です。

 

 ところが、正にクライマックスとなる三条大橋手前で痛恨のスマホ電池切れ(>_<)。以来ブログを作る度に心にモヤ感が・・・。

 

 そして、とうとう今月リベンジする日がやって来ました。本ブログでは、2年前の写真とあわせて改訂版として紹介します。

 

 なお、鴨川RUNの詳しい記事は2年前の元ブログをご覧ください。鴨川・・・素晴らしです(^^)。

 

 

鴨川

(町屋が続く和泉屋町。桟敷が何かいい感じ。)

 

 


【H26.3に京都鴨川を北大路から三条大橋手間まで走ったの巻(ダイジェスト編)】

 

 *本編はこちら→ https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html

 

 

京都駅

 まずは京都駅前から、地下鉄北大路駅を目指したのです。

 

 

京都 地下鉄

 何か地下鉄も京都っぽい色?でイイ感じ。

 

 

北大路駅

 北大路駅周辺図を発見。とりあえず鴨川は超近そう。

 

 

北大路駅

 北大路駅でたら何かすでにいい感じ。奥の信号が鴨川河川敷。近か!

 

 

鴨川

 おおおおおおおおおお〜!イイ感じ。テンション上がる。

 

 

鴨川

 とりあえず下流に向かってスタート。実はすでに結構夕方。

 

 

鴨川

 意外と流れは早い。山が近いから?清流の音がまたテンションを上げる。

 

 

鴨川

 何か景観独り占め。左の川奥は下鴨神社があります。左奥に東山の大文字が見えます。

 

 

鴨川

 たまに河川敷公園もあったりします。後は京都府立医大病院。

 

 

10荒神橋.jpg

 荒神橋です。左の建物は京大さんの施設。右に行くと丁度御所となります。低層建築がよい景観アクセントです。

 

 

鴨川

 川沿いには所々良い雰囲気の建物が残ってます。これはスーパー?

 

 

みそそぎ川

 丸太町橋を過ぎると人口放水路のみそそぎ川が並走します。この小さな川沿が鴨川景観のメインです。

 

 

鴨川

 前方は三条大橋。ここからが観光の中心地・・・と喜んだ所で痛恨のスマホ電池切れ(>_<)。あれから2年・・・。

 

 

こんな感じ。一応駅までは戻りました。

 

 

拡大するとこんな感じです。「ここ」の場所で電池切れ(涙)。

 

 

*ここまでH28.3の思い出(↑)。ここからH29.12月の続きレポ(↓)。

 


【2年後のリベンジ!今月京都鴨川を三条大橋から東福寺駅まで歩いたの巻】

 

 

 さてさて、それから2年後の今月、念願かなって再度鴨川を訪れた私。何はともあれ痛恨の地三条大橋へ!下流に向かってスタート!

 

 この三条大橋から四条大橋付近が鴨川で最も賑わう所。有名な納涼床もこの辺り。繁華街にも近いので、いつ来ても賑わってます。

 

 実は当日時々小雨が降ってましたが、次いつ来れるか分からないので強硬突破!少し写真が暗いのは、そんなわけです(^^)。

 

 

三条大橋 鴨川

 右の建物がスタバさん。夏は納涼床があってそれはそれは素敵な場所に。床は秋以降も撤去中。

 

 

鴨川 三条大橋

 実は三条大橋は結構好き!何となく意匠が木造っぽくて。もちろんコンクリ製です(^^)。

 

 

鴨川

 所々この案内石碑が有ります。河川敷を走るとどの橋か分からなくなります。距離も有って便利。

 

 

 三条大橋までは何か里山の雰囲気(これがまた素晴らしい)でしたが、ここを通過すると今度は京都風情の建物が続きます。

 

 特に、四条大橋前後の町屋景観は、本当にイメージの京都とピッタリ。ここに夏は床が連なる!逆に歩いて満喫したい区間ですネ。

 

 因みに、この町屋やみそそぎ川は右岸側ですが、左岸もプチ河川敷公園が続きどちらも走りやすいです。

 

 

 

鴨川

 整った町屋景観が素晴らしい三条大橋付近。鴨川でもっとも京都風情を感じる場所?左岸奥が祇園地区です。

 

 

四条大橋

 四条大橋です。左に行くと直ぐ八坂神社。右に行くと四条河原町(超繁華街)。とにかく観光客が多い場所。

 

 

 四条大橋を過ぎると、観光客がグッと減ります。走りやすくなりますが、まだまだ京都

 

 その四条大橋を過ぎて2つ目が松原橋です。義経・弁慶の出会いは五条大橋ですが、この橋こそ当時の五条大橋!が通説です。

 

 松原橋の次が五条大橋。ここで右岸側の河川敷は道が途切れました。右岸側に行きましょう。引き続き歩道を走ることができます。

 

 

鴨川

 正面が松原橋。左に行くと清水寺に着きます。義経伝説の割に地味だったりします・・・。

 

 

鴨川

 五条大橋手前のどえらい風格の料亭?所処にある同様の建物が京文化の無言のアクセントになってます。

 

 

五条大橋

 右岸側は五条大橋手前で歩道終了。この石橋渡って階段上ると橋の上にでることができます。

 

 

鴨川

 五条大橋から走ってきた鴨川を望む。100万都市とは思えない風情。少し陽がさしました。

 

 

 五条大橋過ぎて、今度は右岸側に行きます。こちらはズ〜と綺麗な河川敷公園。ここまで来ると、殆ど地元の方専用で感じ。

 

 先に進むと、右側遠方に京都タワーが見えます。景観ではいまだ色々意見あるようですが、駅方向を知る便利なアイテムです。

 

 五条大橋から3つ目が塩小路橋。ここで曲がると京都駅前。なので、ここで駅に戻ると丁度良い鴨川コースになります。


 

 

鴨川

 五条大橋過ぎると京都タワーがチョコッと見えます。駅の方向と距離感が判って便利。

 

 

鴨川

 左岸側は地元良きRUNコース。奥は正面橋。画面左直ぐが京都博物館。昔あった大仏殿の正面だから正面橋との事。

 

 

鴨川

 本当に鴨がいて驚きました。それも所どころに結構な数が・・・。

 

 

七条大橋

 何となく万代橋風。近くに三十三間堂が有ります。

 

 

 塩小路橋の先は、東海道線・新幹線・奈良線と鉄道橋が続きます。その中で、奈良線のトラス橋がとても美しい!見る価値有りです。

 

 一方で、塩小路橋より先は川沿いの工場や高架橋有ったりと、河川敷としては◎ですが京都らしさを探す事は難しいかも

 

 なので、観光を主目的に走るのならば、やっぱり上流から来て塩小路橋で駅に向かうのがよいかも・・・と思ってます。

 

 

鴨川

 JR東海道線と新幹線。この付近からガラッと雰囲気変わります。

 

 

奈良線 鴨川

 左は工場と中々京都っぽさを探せない中、この奈良線の茶色いトラス橋は鴨川にとてもマッチしています。

 

 

 さてさて、今回どこまで鴨川を進めるか行ってみたのですが、奈良線から約300m先で大きな道路工事やってて進めませんでした。

 

 丁度近くに東福寺という駅があったので、今回はここで終了に!でも、十二分に京都を満喫できた気持ちに満たされてます。

 

 私の知っている限り、この鴨川以上に文化を感じる事のできる河川敷は有りません。それどころか、唯一無二の存在ですネ。

 

 

鴨川

 東山橋という所で大きな道路工事の為先に行けず。地図ではこの先7kmの桂川合流地点まで行けるようです。

 

 

東福寺駅

 一番近い東福寺駅に行ったら、手前がJRで奥が京阪でした。判り辛らいっス( ̄0 ̄)。

 

 

 お陰様で無事リベンジ果たせて、素晴らしい鴨川も満喫できて、私の心満足。また、機会あれば是非訪れたい場所です。

 

 ところで、実際走っていくつか参考を。まず、観光客とは譲り合いで!です。特に四条大橋周辺。人多いので優しい気持ちで。

 

 あと、鴨川RUN全体に言えるのですが、土や石畳の路面が結構あります。特に右岸。トレラン風シューズがあればベストかな。

 

 ぜひ、上流から走ってみてほしいです、それも許せるものならできるだけゆっくりと・・・。素晴らしいです(^^)。

 

 

 今回は三条大橋からリベンジスタートで東山橋までこんな感じでした。

 

おわり


 

【新潟県民全国を走るシリーズリンク先(^^)】


(その1)「名古屋で熱田神宮お参りの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33438933.html

 

(その2)「皇居外周はrunの聖地の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34006550.html

 

(その3)「京都鴨川はとっても雅!の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html

 

(その3[おまけ])「ついでに大阪・神戸を散歩したの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34032608.html

 

(その4)「明治神宮参拝で心清らかにの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34123060.html

 

(その5)「なぜか水上!温泉runの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34408218.html

 

(その6)「福岡市内プチrun!文化を感じる街には人も集まるの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34428026.html

 

(その7)「飛鳥を走って超歴史を感じた(自転車で)の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=6

 

(その8)「仙台青葉城で深くリフレッシュの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=14

 

(その9)「赤坂迎賓館を見に行く!の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=28

 

(その10)「青森の港は美しかったの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=52

 

(その11)「ミシュラン三ツ星高尾山に突撃の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=57

平成29年の走りを振り返るの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 ヨシッ、今年も張り切るぞっと思ってはや1年。アッという間です。とは言え、今年も残すとこ後3日。来年に向け振り返ってみたのです。

 

 

(*一周間振り位?今日の午前中、新潟市内は珍しい青空でした。)

 

 

【その1】怪我に悩まされた1年でした・・・(>_<)


 

 それは、今年3月の新潟ハーフの事。10km位から右股関節に痛みが!その後無理して完走した結果、未だ違和感取れません。

 

 夏頃からは、左肩やら左腰骨付近の筋やらで、整形外科の先生からは「今度は何?」って言われる始末。ここで一気に出た感じ。

 

 幸い走り続けることは出来ましたが、チョット15km以上は無理できない雰囲気です。特に股関節はいまだ違和感有り。

 

 動いて筋肉付けばよくなる気がしますが、筋トレして腰筋痛めたし・・・。少し判断に迷っている所です。

 

 


(*新潟ハーフ自体は楽しかったです。次回もエントリーしちゃいました。)

 

 

【その2】ミズノさんのランニング診断で自分のフォームが変わった


 

 これは近年ない自分的変化でしたネ。自分的勝手フォームがよく判りました。点数も妙に納得の50点!

 

 それまでの走りは着地が前過ぎ走り。よくこれでハーフ走ったと・・・。診断では、着地位置と腹筋の使い方でバッチリ修正。

 

 とは言え、正しいフォームにはこれまで使ってこなかった筋肉も必要で、イメージは解るけど長続きしません。焦らずやってきます。

 

 

(*見事な採点。納得の?50点。)

 

 

【その3】自分的自己記録を3つ更新!


 

 そんな微妙な事ばかりだった平成29年・・・、一方で自分的記録を3つ更新しました。

 

 。毅襭蹈薀奪廖→30:58[10/09新潟シティマラソン]

 ■隠娃襭蹇  →1:03:44[9/23シティの練習?]

 最長距離   →21.74km[3/20新潟ハーフ]

 

 5kmラップも10kmも、最初にペースを無視した爆走し、気付いた後半はヘロヘロでそのままゴールというパターンでした。

 

 なので、いまだ記録を狙う走りって自分でもよく判りません。でもまあ、ゆっくり走力付いてきた証拠かも?だと嬉しい(^^)。

 

 

(*周りにつられて入り爆走後半沈黙だった新潟シティ。疲れました・・・)

 

 

【さいごに】そして来年を想う・・・


 

 そこで来年平成30年・・・。まずなんだかんだ言って、約2ケ月半後に新潟ハーフが有ります。取り敢えずここの完走を!

 

 その後は、一度30kmって走ってみたいです。大会?一人?時間はゆっくりでOK。その為に、怪我や体重管理したいです。

 

 1月入ったらRUN再開します。来年が皆さんと私にとって良い年でありますように(^^)。 おわり

 

実は体重がヤバイ!の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 それにしても・・・晴れません、新潟市内。何かこの1週間、太陽を見ていないような(;_;)/~~~。新潟の冬は厳しいのです。

 

 とは言うものの、自然の摂理かやたら食欲が増すこの頃。寒さには脂肪!体の食べろ攻撃に、何とか耐え忍ぶ日々が続いています。

 

 一方でやれ忘年会だとかやれ出張だとか、誘惑に事欠かない12月。また、寒いと何故か鍋とかおさかなとかが超旨い新潟市!!!

 

 

*上越新幹線乗ってたら「オオいかにも〜」の新潟的原風景。車窓からは綺麗なんですよネ〜。上越新幹線 冬

 

 

 結果、12月上旬から体重増加しっぱなし。ヤバイです。全然体重減りません。結構セーブしている自覚あるのですが(-_-)?

 

 とわ言え、少し分かってきました。グラフを見ると激増の日が2回。前は高尾山登った日、後はラーメン屋で忘年会した日。

 

 共にそれまで炭水化物絞っていたところに、調子のって糖分爆食。後者はあり得ない一日1.2kg増!枯渇した所に投入が効いた?

 

 

*ここ1ケ月データ。12月以降着実な右肩上がり。2回のピークからいまだ戻れず。

 

 

 気が付くと、新潟ハーフまで後わずか3ケ月。まだ左腰付近の筋肉が少し痛むので、1月入ったら徐々にRUN再開しようかと。

 

 69kgで迎えるハーフを想像していたのですが、今かなり焦ってます。太った・走れないのダブルパンチは避けたい所。

 

 まずは、1年で最も体重増の恐れが有る正月、ここを何とか現状維持で乗り切りたいです。てか、マストでしょう(^^)! 以上

 

 

*(おまけ)今年は里雪と思ってたら越後湯沢は結構大雪でした。雪降りが早いですネ。

越後湯沢駅

『ミシュラン三ツ星 高尾山に突撃!』新潟県民全国を走る(その11)の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 私は基本クライマーではないのですが、ぜひ一度行ってみた山が有りました。それが、今回紹介する高尾山です。

 

 この山、何せ肩書が超エリート。国定公園、ミシュラン三ツ星、そして登山者数年間260万人で世界一!の山等々。

 

 本当はジョギング風で昇れないかナ〜なんて思いもしたのですが、こんだけ人多いとそれは無理。大体そんな走力自分には無し。


 と言う事で12月初旬、この時期新潟では厳しい屋外での体力造りを兼ねて行って来たのです。

 

 

*山頂はこの標識が目印。とにかく多くの紹介サイトが有るので参照を!(^_^)ノ

高尾山 山頂

 

 

 初めに、高尾山の基本情報を。標高は約600m。少し低い弥彦山?元々修験道の霊山。天狗が有名。名物はとろろ蕎麦らしい。

 

 次に抜群なアクセス。基本は京王線。山麓の高尾山口駅下車、京王新宿駅→直通約1時間。中央線高尾駅で京王線乗換も便利。

 

 実は県民的に車も便利。圏央道高尾山ICから高尾山口駅まで約5分。新潟市内から約4時間。駅周辺P300台。1日1千円位。

 

 高尾山の人気は程よい登山難度にも有って、ケーブルカー経由だと上の駅下車後、約40分のなだらかな上りで山頂。楽で楽しい!

 

 登山道は6ルート。高尾山口駅から色々見ながら上り1時間半・下り1時間程。駅の標高が約200mなので約400mの登山です。

 

 なお、今の課題はピーク時の混雑。高尾山混雑で画像検索すると驚きのところてん状態。可能なら時期は選びましょう(^^)。

 

 

*当日は休日なので混雑避けて早朝飯田橋駅発!中央線経由で高尾山口駅へ!

飯田橋駅

 

 

*乗換の高尾駅まで爆睡の1時間と思ってたら座席はほぼ満席。東京を甘く見てました(何とか座れました)。

飯田橋 早朝 混雑

 

 

*6:41高尾山口駅着。日の出前でホームも凍結。でも、新潟の0℃と段違いの暖かさ!

高尾山口駅 早朝

 

 

*凄〜く綺麗でカッコいい高尾山口駅。まだ登山者もポツポツ。

高尾山口駅

 

 

 高尾山口駅前で我がニンバス君の紐を締め直し、いよいよスタート。そう言えば、1ケ月振りの屋外運動。新潟の冬は厳しいのです。

 

 参道を5分歩くとケーブルカー駅前。この右が基本の1号路登山口。前方には2人のみ。スゲ〜空いてる!俄然テンションUPの私。

 

 スタスタスタと速足歩きでグイグイ登る。1ケ月のスタミナ温存で全然疲労感無し!俺スゲー。そりゃRUNで鍛えてますから。

 

 

*左がケーブルカー駅。ピーク時1時間待ちも今はガラッガラ。右が1号路。

DSC_7999.jpg

 

 

 初めは比較的なだらかな上り約10分続きます。綺麗な空気(都内なのに!)、最近新潟でお目にかかれない青空。快調な足。

 

 と思ったその先に、急こう配つづら折り登場。「走って上れる?」なんてどの口ですか的にゼハゼハ状態に。約15分続きます。

 

 まあ、実質400mは上らなければならないわけで、ここに来て急にやっぱり山だと実感。(>_<)

 

 

*初めの緩やかな上り。路面は全区間舗装等で整備されてます。超余裕の頃。

高尾山 1号路

 

 

*一気にゼハゼハのつづら折り。さっきの前の人もう見えず。常連スゲー!

高尾山 1号路

 

 

 しかし、常連登山者の方はほんと着実に上ります。脱帽。当方かなり厳しい状態。そんな私の目の前に、高尾山の朝日が!オオオ〜!

 

 今がすっかり日の出前の事忘れていました。目の前に、突如太陽の光を受けた木々が!そのコントラストの美しさに思わずパチリ。

 

 横を見れば上り初めの太陽が!まだ山頂は遠いですが気分は御来光。「アア、来てよかった」、喜びと同時にテンション超復活。

 

 

*疲れていたのでその美しさに感激。今思うと、自身の顔の表情も自撮りしておけばよかったナ〜と思います。

高尾山 朝日

 

 

*勘違いランナー(私)を救ってきれた御来光的太陽。感謝。

高尾山 朝日

 

 

 でも、つづら折りが終わっても、まだまだ続くキツイ登り坂。「まじ!」と文句言いつつ10分上ると、左にリフト終点施設が。

 

 この施設が登山時間の中間点。上りも下りも約40分。そして、ここを境に山道は緩〜いハイキングコースに劇的変化します。

 

 そんな事とは露知らず、リフト施設前の坂を上りながら、今回の山登り「少し早まった?」なんてプチ後悔していた私でした。

 

 

*リフトの終点駅。出発はケーブルカー駅の隣です。山麓から約12分で到着します。

高尾山 リフト

 

 

*左がリフト終点。丁度時間的中間点。登山がハイキングに!(写真より実際の勾配はずっと緩やか)

高尾山 1号路

 

 

 さてさて、実際上って分かったのですがここからが楽しい高尾山。まずは、5分程軽〜く上るとケーブルカー駅に着きます。

 

 ここで初めて眼下の絶景が見渡せます。スカイツリーは?と眺めたら、何と東京湾と房総半島が!これは驚きました。スゲ〜。

 

 因みに、頂上行って1時間後戻ったらすでに房総半島見えず。空気穏やかな早朝だからこそ。これぞ三文の徳かな(^^)。

 

 

*右がケーブルカー終点施設。右奥が駅出口。まだ運転前で展望ポイント人まばら。上ってきた人の特権。

高尾山 ケーブルカー

 

 

*空気の綺麗な早朝。遠くに房総半島富津付近。丸は横浜ランドマークタワー。

高尾山 展望

 

 

*都心側は高層ビルだらけ。でも、スカイツリーは他を圧倒。何せこの山よりも高い!

高尾山 展望

 

 

*眺めも気分もいいのでここで朝食タイム。

高尾山 展望

 

 

 ケーブルカー終点の建物から5分程上がると、立派な山門が見えてきます。ここから高尾山必須のポイント、薬王院が登場します。

 

 ここの開山は744年だそうで、非常〜に由緒正しき寺院。高尾山の言わば主。因みに、この門は浄心門と言って先は参道となります。

 

 3分程上がると参道は2つに分かれます。緩い女坂と急階段の男坂。私知らずに道なりの女坂行きましたが、楽でした(^^)。

 

 

*1号路を歩くと最初に現れるのが浄心門。この先何かある気配ビシビシ!右の階段は4号路。

高尾山 浄心門

 

 

*山門から続く赤灯篭。まだケーブルカー動いて無いので景色と空間独り占め。

高尾山 赤灯篭

 

 

*右が道なりの女坂。左が男坂。勿論距離は男坂が近いですが、時間はあまり変わらないのでは?

高尾山 男坂 女坂

 

 

*何せ(男坂は)この勾配!階段も108段。途中の方々「誰だよこっち選択した人〜?」的表情でした。

高尾山 男坂

 

 

 女坂を上り初めて7分程で、右手に更に大きな山門が見えます。ここを潜ると、その先に高尾山のシンボル薬王院があります。

 

 実は薬王院は一つの建物でなく、色々な施設の集合体。基本は、御本堂→御本社→奥之院。一本道で下から順に参拝できます。

 

 何かここをゆっくり進むと、パワースポットの中を移動している?そんな気になります。霊験あらたかな薬王院。必見です。

 

 

*山門の周辺は色々なお店も有って昼はとても賑わいそう。でも、この時間は流石に準備中。

高尾山 薬王院

 

 

*まずは御本堂。天狗様が睨みを効かせています。

高尾山 薬王院

 

 

*次に御本社。ここにも天狗様の像が睨みを効かせています。

高尾山 薬王院

 


ちゃんと順路看板が整備されてますので迷いません。高尾山 薬王院

 

 

*奥之院は静かに佇みます。右の小道を通って山頂に向かいます。この頃にはパワー充填済?天狗様に感謝。(^^)

高尾山 薬王院

 

 

 薬王院の参拝が終わり奥之院から先に向かいます。この先少しアップダウンが有りますが、逆に心地良い負荷を感じつつ約10分

 

 フト見た前方上空にポッカリ青空が、なぜ?更に進むと急に開けて広場と柱が一本。そこが山頂でした。イヤ〜気分最高。

 

 全然ジョギング風にならなかったけど、まあRUNに向けた体力強化と言う事でお許しを!山麓から、約1時間15分でした。

 

 

*奥之院から7分位で左にアンテナ施設が。今思うと、これが山頂近いヨ〜の目印でした。

高尾山

 

 

*これまでずっと上空も木々だったのが急に青空に。この時まだ前方が山頂だと気付いていませんでした。

高尾山 山頂

 

 

*上り切ると広場と柱が1本。何となく、もしかして山頂?と思った頃。

高尾山 山頂

 

 

*山頂きた〜!と一人喜ぶ私。高尾山口駅でスタートした時計は、約1時間15分経過を示しています。

高尾山 山頂

 

 

 山頂には10人位の登山者がいて、各自のんびり朝ごはん中。手慣れたもの。私途中殆ど追い越してないので、一本前の電車組かな?

 

 ようやくケーブルカーが動く出した頃。後40分位はこの喧噪の無い快適空間を満喫できそう。混雑時の写真見ると特にそう思います。

 

 因みに、ここは富士山絶景スポット。奥に展望場所有って、快晴に映える富士山も素晴らしかったです。来て良かった(^^)。

 

 

*広場の奥にちゃんと富士山見学用展望ポイント有り。ここから富士山頂まで約50km。近い!

高尾山 富士山

 

 

*こっちの望遠写真が実際の見学イメージに近いです。中央右下の観覧車は、相模湖リゾートさんの観覧車。

高尾山 富士山

 

 

*山頂も都心側景色は見えますが途中の眺望とほぼ同じ。皆さん富士山の方に関心あるようです。

DSC_8075.jpg

 

 

 後は山道も空いてましたので、スタスタスタッと一気に下山。山頂ついて10分程で戻りましたので、下りはほぼ40分でした。

 

 終わってみて少し素人なりの感想を。

 

 .院璽屮襯ー稼働前の登頂が全ての勝因。自然・パワー・眺望、すべて満喫できた私。

 

 高尾山口駅から路面・薬院・山頂施設まで、設備が綺麗。流石ミシュラン三ツ星。

 

 0貉問題でしたが、結構トレラン風の方に会いました。日中避けて上手く棲み分け中?大切かつ良い事です。

 

 せ穫爾ら山登りも楽しいヨ的な紹介有りますが、筋肉痛覚悟で上る必要有ります。何と言っても山登りです。

 

 ヅ澆鷲装が難しい。晴れて路面(一部)凍って汗は出る。基本薄い防寒着に下重ね着で現地調整が良いかも。

 

 

*下りる途中外国の方に「この道は山頂行きますか?」との質問受けました。流石国際的観光地。

高尾山 1号路

 

 

*戻ったのは9時前。電車着くたびに続々登山者が降り立ってました。普段服の方が多いようでした。

高尾山口駅

 

 

*高尾山口駅隣接の日帰り温泉に使ってきました。運動後の温泉は格別です。

高尾山口駅 温泉

 

 

 元々冬場の体力造りを兼ねて上ることを計画しましたので、その目的は大いに達成できたかと。屋外運動は1ケ月振りでした。

 

 そして、翌日以降久々の筋肉痛発症。それも、普段使わない腿前やお尻の上。雪国新潟在住者的には少し嬉しいかも。

 

 今度こそは、シリーズの名に恥じないよう走りたいと思います。目指せ47都道府県(^^)!  おわり

 

 

*参考:当日のガーミンデータ。標高差がほぼ正確なことに驚き。

Screenshot_20171209-111032.png

 

 

*参考⇒4.4km位が上り。それ以降は下り。高尾山口駅から山頂まで、片道約4.4kmでした。

 

 

*参考⇒1:15までが上り、以降が下り。1:26分頃のピークはチョット張り切って下った為。

Screenshot_20171209-111133.png

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

【新潟県民全国を走るシリーズリンク先(^^)】


(その1)「名古屋で熱田神宮お参りの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33438933.html

 

(その2)「皇居外周はrunの聖地の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34006550.html

 

(その3)「京都鴨川はとっても雅!の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html

 

(その3[おまけ])「ついでに大阪・神戸を散歩したの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34032608.html

 

(その4)「明治神宮参拝で心清らかにの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34123060.html

 

(その5)「なぜか水上!温泉runの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34408218.html

 

(その6)「福岡市内プチrun!文化を感じる街には人も集まるの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34428026.html

 

(その7)「飛鳥を走って超歴史を感じた(自転車で)の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=6

 

(その8)「仙台青葉城で深くリフレッシュの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=14

 

(その9)「赤坂迎賓館を見に行く!の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=28

 

(その10)「青森の港は美しかったの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=52

 

(その12)「京都鴨川でリベンジ!の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=59