やすらぎ堤ジョギング案内(番外編)「夏は夜!やすらぎ堤は夜RUNも最高の巻」暫定

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

■はじめに


[ちょっとした用語集(^^)]⇒「左岸」・「右岸」:河川は下流に向かって左右を決めます。読み方は(さがん)・(うがん)です。

 

 

 新潟市ド中心部に位置する信濃川やすらぎ堤。何度走っても、「近所で良かった!」と思わせる最高のロケーション(^^)。

 

 ですが、新潟故に冬はほぼ閉鎖(ゴルフ場みたい)。そして、堤防故に上空何も無し!簡単に言うと夏日差し直撃で超暑いのです。

 

 必然的に、この時期多くのランナーが夜走る事に。そんなやすらぎ堤夜RUNの、楽しみ方・注意点等をご紹介します。

 

 なお、夜景写真はスマホ撮影につき低解像度です。そこはご容赦を(>_<)

 

*柳都大橋から。市街地の夜景は夏の夜RUN最大の楽しみ!👇

1-10.jpg

 

 

■夜はどのコースがお薦め?


 

(*やすらぎ堤基本情報は国交省信濃川下流河川事務所さんのホームページが便利 ➡ http://www.hrr.mlit.go.jp/shinage/shinanogawa/sansakumap.html )

 

 

 やすらぎ堤は片道約5km、そこに6本の橋が有り、コース取りは人によって千差万別。そしてもちろん周回・往復どちらもOK。

 

 さて本ブログでは、基本的に柳都大橋〜昭和大橋をグルッと一周する、約4kmの周回コースでご紹介します。

 

 理由は、夜景が最も綺麗な点、そして何より完全な歩車分離コースを設定できる事。夜は安全に走りたいですネ。(^^)

 

 因みに、走りに集中!なら、左岸側だけ往復するのがBEST。歩車分離片道5km。橋の上下無。こちら派ランナー結構多いです。

 

*昼間のやすらぎ堤俯瞰。奥が左岸側(こっち)。手前が万代橋、3っ目が昭和大橋。👇

 

*夜はこんな感じ!👇

 

 

■楽しみ方と注意点は?


 

 まずは楽しみ方、

 

 涼しい!川風は周囲より1〜2℃低め。風なので体感も低い。

 夜景が凄〜く綺麗。柳都大橋(ビル群)、万代橋下(万代橋)が特にGood!

 2討カフェがオープン。現地で飲めます食べれます!自己責任(*_*)。

 

*今年夏のカフェ。ここはバーベキューテント。今年はスノーピークさんが総合プロデュースです。👇

DSC_6814.jpg

 

 

 次に注意点ですが、

 

 帰宅時間帯は意外と混雑。自転車注意。

 ⊆囲は住宅街。照明暗め。給水設備・階段見過ごすかも。

 1Υ澆寮藝仟膓脅蠢阿ら上流側はいまだ堤防工事中。道路横断有。夜RUN避けた方が無難。

 

 因みに、昭和大橋から下流側はズラ〜ッとマンション隣接。利用者的には、どこでも人目について夜RUNの安心感超UP(^^)。

 

 また、住宅隣接の為照明は暗いですが、橋の階段は異様に明るいです。一番転倒しそうな場所ですので、そこはご安心を。

 

 そんな事で、多くのランナーがライトか反射素材を身に着けて走っていますのでご準備いただければと。備えあれば憂いなし!

 

*大混雑と言えば8月の新潟花火!遠いけど良く見える柳都大橋付近は穴場です。👇

DSC_4739.jpg

 

 

■(往路)柳都大橋から昭和大橋左岸まで


 

【注.ルートはイメージです。やすらぎ堤歩道を正確にトレースできないのでゴメンナサイ(>_<)。】

 

 それでは夜のやすらぎ堤を写真で紹介します。昼間と同じ、いつもの柳都大橋右岸広場からスタートします。

 

 柳都大橋を渡って左岸に行き、万代橋と八千代橋を潜り、昭和大橋まで行きます。ここは、夜のやすらぎ堤で一番夜景が綺麗な区間。

 

 距離は階段含めて約2km。特に左岸側は、帰宅時間から20:00頃まで、いつも多くのランナーが汗を流しています(^^)。

 


.好拭璽箸鰐都大橋右岸広場。照明相当凝ってる。けど靴紐結び辛いっス。(*_*)👇1-3.jpg

 

△泙困鰐都大橋へ上ります。どの橋も階段だけは異様に明るい。👇

1-6.jpg

 

L都大橋を渡って左岸側へ。この橋は歩道が広くて走りやすい。👇

1-9.jpg

 

い海龍兇任夜景必見。高層ビルと万代橋が美しい!サーチライトはイベント用。👇

 

ヌ都大橋からの夜景、実は下流側も中々。朱鷺メッセと佐渡汽船フェリーが綺麗。👇

1-11.jpg

 

左岸側の階段を下ります。この辺りからマンションが連なります。👇

1-17.jpg

 

С段降りたら、この正面の歩道を走っていきます。👇

1-18.jpg

 

万代橋めざして走ります。やすらぎ堤では珍しいウッドデッキ風。雨で滑るので注意。👇

2-2.jpg

 

万代橋が見えてきました。歩道が狭くなるのは景観上川幅を残した為。譲り合いで!👇

2-9.jpg

 

万代橋近くも夜景の超定番。川に映る橋の灯りが本当に綺麗。👇

2-11.jpg

 

春は霧の季節。運がよいと夜霧に桜!に遭遇できるかも。自身1度だけの経験。👇

2-13.jpg

 

万代橋手前から照明グッと暗くなります。でも道はひとつ迷いません。ここを潜ります。👇

2-15.jpg

 

時々夜も水上バスを見かけます。イルミネーションいいです。お座敷船は微妙?👇

2-17.jpg

 

万代橋を潜ったら、今度は堤防上をひたすら真っ直ぐ走ります。👇

3-4.jpg

 

実際写真より少し暗いかな?でも、車がいないので安心感は格別。自転車には注意で。👇

3-6.jpg

 

鞍千代橋着。先に進みます。手前の東屋に給水設備有りますが、暗いので通過に注意。👇

3-8.jpg

 

曳千代橋付近はビルも減りますが、対岸のTV局がよいアクセントに。目立ちます。👇

3-9.jpg

 

家千代橋過ぎると目立つ夜景もないので、いつも黙々走ってます。👇

4-1.jpg

 

 

 八千代橋から約600mで昭和大橋。スタートから約2km。昼とは比較にならない走りやすさを感じたと思います。では戻りましょう。

 


■(復路)昭和大橋から柳都大橋(右岸)に戻ります


 

【注.同じくやすらぎ堤歩道を正確にトレースできないのでイメージで(>_<)。】

 

 

 昭和大橋を渡って戻ります。今度は高層ビルに向かって走るので、昼よりも距離感判って結構便利。

 

 夜RUNの場合、5km先まで整備された(右岸側2km未整備)左岸を走る方が多いので右岸は意外と静か。でも、夏大変身します。

 

 では、また写真でスタート地点柳都大橋に向かって、今度は右岸側を走りましょう。

 

 ‐赦詑膓兇ら歩行者専用階段でやすらぎ堤に下ります。初のフルLEDが異様に明るいです。👇

7-7.jpg

 

後は高層ビルに向かって走りましょう。夏以外は集中して走れます。👇

8-1.jpg

 

H千代橋を過ぎても夏以外は走りに集中できます。万代橋も見えてきました。👇

9-3.jpg

 

に代橋に突き当たりますので、階段使って歩道に降ります。スロープも有り。👇

9-4.jpg

 

ニ代橋を潜ります。唯一車道脇歩道で橋を潜りますがガードレールが有り夜も安心。👇

DSC_6794.jpg

 

λ代橋を潜ればスタート地点はもうすぐ。信号先約250mでゴールです(^^)。👇

DSC_6791.jpg

 

Г・・・、夏は八千代橋〜万代橋がカフェ地帯に。この歩道を走るのは少々ばつが悪い。👇

 

╂遽茲い砲バーベキューテントがズらっと。いつ通っても美味しそう。👇

 

 

 柳都大橋(右岸)下の広場をスタートして、昭和大橋を回りグルッと周回約4km。概ね30分ほどのコースでした。

 

 完全な歩車分離でほぼ一本道。橋のアップダウンを気にしなければ、楽しく安全に、そして快適に楽しんでもらえると思います。

 

 最も、走りに集中したい方、夜景を楽しみたい方etc、それぞれのニーズに対応できるのがやすらぎ堤のよいところ。

 

 目的を持ちつつやすらぎ堤の夜RUNに出向けば、夏の楽しさはキッと広がります。まだの方は是非走ってみてください。涼しいし(^^)。

 

 

■一応参考:その他夜のやすらぎ堤色々


 

 

 本ブログでは、夜間安全に走れるコースとして柳都大橋〜昭和大橋の周回コースをご紹介しました。ここは十分夜RUNを楽しめます。

 

 実はその先上流側は、主に住宅地の中を淡々と走るかそもそも堤防未整備で、あまり紹介できるポイントは有りません。

 

 でもまあ、こんな感じです!的に面白いところを写真でご紹介します。

 

*昭和大橋(左岸)を過ぎると直ぐに見える新潟市民芸術文化会館。照明綺麗です。👇

5-1.jpg

 

*千歳大橋に近づくと、対岸右岸に県庁が見えてきます。👇

5-4.jpg

 

*ブログ中に道路横断!と出てきますが、例えばこんな感じ。左にやすらぎ堤が有って、どこかでこの道路を横断する必要があります。結構危ないのです。千歳大橋右岸下流側にて。👇7-3.jpg

 

*右岸側も明暗等間隔の落ち着いた照明。4km先の中心部の高層ビル群がゴールの良い目印。👇

7-4.jpg

 

*昭和大橋下流側(右岸)は昨年完成。初のLEDで超〜明るい。この区間だけ夜は異様。野球できます。👇

7-6.jpg

 

 

■さいごに


 

 やすらぎ堤の夜RUNはご近所民として数えきれない位走りましたが、今でもご紹介したメリットは全く色褪せません。

 

 特に、ゴールまでの距離感がよく掴める、高層ビル群に向かって走る復路(下流行き)が大好きです。勿論夜限定ですが・・・。

 

 機会あったらこれからの夏、ぜひやすらぎ堤の夜RUNに出向いてはいかがでしょうか。そうそう、カフェは自己責任で!(^^)。  おわり

 

 


 

【他のコース案内ブログページです(^^)】

 

★☆やすらぎ堤ジョギング案内《左岸編》☆★

 

(その1)柳都大橋(右岸)→万代橋(左岸):「実はやすらぎ堤ではない!」

 

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33306499.html

 

(その2)万代橋[左岸]〜昭和大橋[左岸]:「観光ポスターのド定番!」

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33380391.html

 

(その3)昭和大橋[左岸]〜千歳大橋[左岸]:「芸術すぎませんか・・・」

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33407787.html

 

(その4)千歳大橋[左岸]〜本川大橋[左岸]:「柳都大橋からあまりに区切りが良すぎる丁度5km」

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33568716.html

 

★☆やすらぎ堤ジョギング案内《右岸編》☆★

 

(その5)柳都大橋[右岸]〜昭和大橋[右岸]:「ギャラリー多くペースも上がる!」

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33681348.html

 

(その6)昭和大橋[右岸]〜本川大橋[右岸]:当面暫定版:「手つかずルートでも大事な仲間!」

 → http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34067367.html

 

 

★☆やすらぎ堤ジョギング案内《番外編》☆★

 

唯一無二のロケーション!「私・・・こんなこと想っています(^^)」

 →http://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33225387.html

コメント