「ミシュラン三ツ星 高尾山に突撃!」新潟県民全国を走る(その11)の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 私は基本クライマーではないのですが、ぜひ一度行ってみた山が有りました。それが、今回紹介する高尾山です。

 

 この山、何せ肩書が超エリート。国定公園、ミシュラン三ツ星、そして登山者数年間260万人で世界一!の山等々。

 

 本当はジョギング風で昇れないかナ〜なんて思いもしたのですが、こんだけ人多いとそれは無理。大体そんな走力自分には無し。


 と言う事で12月初旬、この時期新潟では厳しい屋外での体力造りを兼ねて行って来たのです。

 

 

*山頂はこの標識が目印。とにかく多くの紹介サイトが有るので参照を!(^_^)ノ

高尾山 山頂

 

 

 初めに、高尾山の基本情報を。標高は約600m。少し低い弥彦山?元々修験道の霊山。天狗が有名。名物はとろろ蕎麦らしい。

 

 次に抜群なアクセス。基本は京王線。山麓の高尾山口駅下車、京王新宿駅→直通約1時間。中央線高尾駅で京王線乗換も便利。

 

 実は県民的に車も便利。圏央道高尾山ICから高尾山口駅まで約5分。新潟市内から約4時間。駅周辺P300台。1日1千円位。

 

 高尾山の人気は程よい登山難度にも有って、ケーブルカー経由だと上の駅下車後、約40分のなだらかな上りで山頂。楽で楽しい!

 

 登山道は6ルート。高尾山口駅から色々見ながら上り1時間半・下り1時間程。駅の標高が約200mなので約400mの登山です。

 

 なお、今の課題はピーク時の混雑。高尾山混雑で画像検索すると驚きのところてん状態。可能なら時期は選びましょう(^^)。

 

 

*当日は休日なので混雑避けて早朝飯田橋駅発!中央線経由で高尾山口駅へ!

飯田橋駅

 

 

*乗換の高尾駅まで爆睡の1時間と思ってたら座席はほぼ満席。東京を甘く見てました(何とか座れました)。

飯田橋 早朝 混雑

 

 

*6:41高尾山口駅着。日の出前でホームも凍結。でも、新潟の0℃と段違いの暖かさ!

高尾山口駅 早朝

 

 

*凄〜く綺麗でカッコいい高尾山口駅。まだ登山者もポツポツ。

高尾山口駅

 

 

 高尾山口駅前で我がニンバス君の紐を締め直し、いよいよスタート。そう言えば、1ケ月振りの屋外運動。新潟の冬は厳しいのです。

 

 参道を5分歩くとケーブルカー駅前。この右が基本の1号路登山口。前方には2人のみ。スゲ〜空いてる!俄然テンションUPの私。

 

 スタスタスタと速足歩きでグイグイ登る。1ケ月のスタミナ温存で全然疲労感無し!俺スゲー。そりゃRUNで鍛えてますから。

 

 

*左がケーブルカー駅。ピーク時1時間待ちも今はガラッガラ。右が1号路。

DSC_7999.jpg

 

 

 初めは比較的なだらかな上り約10分続きます。綺麗な空気(都内なのに!)、最近新潟でお目にかかれない青空。快調な足。

 

 と思ったその先に、急こう配つづら折り登場。「走って上れる?」なんてどの口ですか的にゼハゼハ状態に。約15分続きます。

 

 まあ、実質400mは上らなければならないわけで、ここに来て急にやっぱり山だと実感。(>_<)

 

 

*初めの緩やかな上り。路面は全区間舗装等で整備されてます。超余裕の頃。

高尾山 1号路

 

 

*一気にゼハゼハのつづら折り。さっきの前の人もう見えず。常連スゲー!

高尾山 1号路

 

 

 しかし、常連登山者の方はほんと着実に上ります。脱帽。当方かなり厳しい状態。そんな私の目の前に、高尾山の朝日が!オオオ〜!

 

 今がすっかり日の出前の事忘れていました。目の前に、突如太陽の光を受けた木々が!そのコントラストの美しさに思わずパチリ。

 

 横を見れば上り初めの太陽が!まだ山頂は遠いですが気分は御来光。「アア、来てよかった」、喜びと同時にテンション超復活。

 

 

*疲れていたのでその美しさに感激。今思うと、自身の顔の表情も自撮りしておけばよかったナ〜と思います。

高尾山 朝日

 

 

*勘違いランナー(私)を救ってきれた御来光的太陽。感謝。

高尾山 朝日

 

 

 でも、つづら折りが終わっても、まだまだ続くキツイ登り坂。「まじ!」と文句言いつつ10分上ると、左にリフト終点施設が。

 

 この施設が登山時間の中間点。上りも下りも約40分。そして、ここを境に山道は緩〜いハイキングコースに劇的変化します。

 

 そんな事とは露知らず、リフト施設前の坂を上りながら、今回の山登り「少し早まった?」なんてプチ後悔していた私でした。

 

 

*リフトの終点駅。出発はケーブルカー駅の隣です。山麓から約12分で到着します。

高尾山 リフト

 

 

*左がリフト終点。丁度時間的中間点。登山がハイキングに!(写真より実際の勾配はずっと緩やか)

高尾山 1号路

 

 

 さてさて、実際上って分かったのですがここからが楽しい高尾山。まずは、5分程軽〜く上るとケーブルカー駅に着きます。

 

 ここで初めて眼下の絶景が見渡せます。スカイツリーは?と眺めたら、何と東京湾と房総半島が!これは驚きました。スゲ〜。

 

 因みに、頂上行って1時間後戻ったらすでに房総半島見えず。空気穏やかな早朝だからこそ。これぞ三文の徳かな(^^)。

 

 

*右がケーブルカー終点施設。右奥が駅出口。まだ運転前で展望ポイント人まばら。上ってきた人の特権。

高尾山 ケーブルカー

 

 

*空気の綺麗な早朝。遠くに房総半島富津付近。丸は横浜ランドマークタワー。

高尾山 展望

 

 

*都心側は高層ビルが多すぎてどれがどれか分からず。でも、スカイツリーの存在感は他を圧倒。

高尾山 展望

 

 

*眺めも気分もいいのでここで朝食タイム。

高尾山 展望

 

 

 ケーブルカー終点の建物から5分程上がると、立派な山門が見えてきます。ここから高尾山必須のポイント、薬王院が登場します。

 

 ここの開山は744年だそうで、非常〜に由緒正しき寺院。高尾山の言わば主。因みに、この門は浄心門と言って先は参道となります。

 

 3分程上がると参道は2つに分かれます。緩い女坂と急階段の男坂。私知らずに道なりの女坂行きましたが、楽でした(^^)。

 

 

*1号路を歩くと最初に現れるのが浄心門。この先何かある気配ビシビシ!右の階段は4号路。

高尾山 浄心門

 

 

*山門から続く赤灯篭。まだケーブルカー動いて無いので景色と空間独り占め。

高尾山 赤灯篭

 

 

*右が道なりの女坂。左が男坂。勿論距離は男坂が近いですが、時間はあまり変わらないのでは?

高尾山 男坂 女坂

 

 

*何せ(男坂は)この勾配!階段も108段。途中の方々「誰だよこっち選択した人〜?」的表情でした。

高尾山 男坂

 

 

 女坂を上り初めて7分程で、右手に更に大きな山門が見えます。ここを潜ると、その先に高尾山のシンボル薬王院があります。

 

 実は薬王院は一つの建物でなく、色々な施設の集合体。基本は、御本堂→御本社→奥之院。一本道で下から順に参拝できます。

 

 何かここをゆっくり進むと、パワースポットの中を移動している?そんな気になります。霊験あらたかな薬王院。必見です。

 

 

*山門の周辺は色々なお店も有って昼はとても賑わいそう。でも、この時間は流石に準備中。

高尾山 薬王院

 

 

*まずは御本堂。天狗様が睨みを効かせています。

高尾山 薬王院

 

 

*次に御本社。ここにも天狗様の像が睨みを効かせています。

高尾山 薬王院

 


ちゃんと順路看板が整備されてますので迷いません。高尾山 薬王院

 

 

*奥之院は静かに佇みます。右の小道を通って山頂に向かいます。この頃にはパワー充填済?天狗様に感謝。(^^)

高尾山 薬王院

 

 

 薬王院の参拝が終わり奥之院から先に向かいます。この先少しアップダウンが有りますが、逆に心地良い負荷を感じつつ約10分

 

 フト見た前方上空にポッカリ青空が、なぜ?更に進むと急に開けて広場と柱が一本。そこが山頂でした。イヤ〜気分最高。

 

 全然ジョギング風にならなかったけど、まあRUNに向けた体力強化と言う事でお許しを!山麓から、約1時間15分でした。

 

 

*奥之院から7分位で左にアンテナ施設が。今思うと、これが山頂近いヨ〜の目印でした。

高尾山

 

 

*これまでずっと上空も木々だったのが急に青空に。この時まだ前方が山頂だと気付いていませんでした。

高尾山 山頂

 

 

*上り切ると広場と柱が1本。何となく、もしかして山頂?と思った頃。

高尾山 山頂

 

 

*山頂きた〜!と一人喜ぶ私。高尾山口駅でスタートした時計は、約1時間15分経過を示しています。

高尾山 山頂

 

 

 山頂には10人位の登山者がいて、各自のんびり朝ごはん中。手慣れたもの。私途中殆ど追い越してないので、一本前の電車組かな?

 

 ようやくケーブルカーが動く出した頃。後40分位はこの喧噪の無い快適空間を満喫できそう。混雑時の写真見ると特にそう思います。

 

 因みに、ここは富士山絶景スポット。奥に展望場所有って、快晴に映える富士山も素晴らしかったです。来て良かった(^^)。

 

 

*広場の奥にちゃんと富士山見学用展望ポイント有り。ここから富士山頂まで約50km。近い!

高尾山 富士山

 

 

*こっちの望遠写真が実際の見学イメージに近いです。中央右下の観覧車は、相模湖リゾートさんの観覧車。

高尾山 富士山

 

 

*山頂も都心側景色は見えますが途中の眺望とほぼ同じ。皆さん富士山の方に関心あるようです。

DSC_8075.jpg

 

 

 後は山道も空いてましたので、スタスタスタッと一気に下山。山頂ついて10分程で戻りましたので、下りはほぼ40分でした。

 

 終わってみて少し素人なりの感想を。

 

 .院璽屮襯ー稼働前の登頂が全ての勝因。自然・パワー・眺望、すべて満喫できた私。

 

 高尾山口駅から路面・薬院・山頂施設まで、設備が綺麗。流石ミシュラン三ツ星。

 

 0貉問題でしたが、結構トレラン風の方に会いました。日中避けて上手く棲み分け中?大切かつ良い事です。

 

 せ穫爾ら山登りも楽しいヨ的な紹介有りますが、筋肉痛覚悟で上る必要有ります。何と言っても山登りです。

 

 ヅ澆鷲装が難しい。晴れて路面(一部)凍って汗は出る。基本薄い防寒着に下重ね着で現地調整が良いかも。

 

 

*下りる途中外国の方に「この道は山頂行きますか?」との質問受けました。流石国際的観光地。

高尾山 1号路

 

 

*戻ったのは9時前。電車着くたびに続々登山者が降り立ってました。普段服の方が多いようでした。

高尾山口駅

 

 

*高尾山口駅隣接の日帰り温泉に使ってきました。運動後の温泉は格別です。

高尾山口駅 温泉

 

 

 元々冬場の体力造りを兼ねて上ることを計画しましたので、その目的は大いに達成できたかと。屋外運動は1ケ月振りでした。

 

 そして、翌日以降久々の筋肉痛発症。それも、普段使わない腿前やお尻の上。雪国新潟在住者的には少し嬉しいかも。

 

 今度こそは、シリーズの名に恥じないよう走りたいと思います。目指せ47都道府県(^^)!  おわり

 

 

*参考:当日のガーミンデータ。標高差がほぼ正確なことに驚き。

Screenshot_20171209-111032.png

 

 

*参考⇒4.4km位が上り。それ以降は下り。高尾山口駅から山頂まで、片道約4.4kmでした。

 

 

*参考⇒1:15までが上り、以降が下り。1:26分頃のピークはチョット張り切って下った為。

Screenshot_20171209-111133.png

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

【新潟県民全国を走るシリーズリンク先(^^)】


(その1)「名古屋で熱田神宮お参りの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33438933.html

 

(その2)「皇居外周はrunの聖地の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34006550.html

 

(その3)「京都鴨川はとっても雅!の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html

 

(その3[おまけ])「ついでに大阪・神戸を散歩したの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34032608.html

 

(その4)「明治神宮参拝で心清らかにの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34123060.html

 

(その5)「なぜか水上!温泉runの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34408218.html

 

(その6)「福岡市内プチrun!文化を感じる街には人も集まるの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34428026.html

 

(その7)「飛鳥を走って超歴史を感じた(自転車で)の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=6

 

(その8)「仙台青葉城で深くリフレッシュの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=14

 

(その9)「赤坂迎賓館を見に行く!の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=28

 

(その10)「青森の港は美しかったの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=52

新潟駅鉄道高架工事見学会に行ってきたの巻

JUGEMテーマ:鉄道・駅

 

 

 まずはいきなり。これまで乗り物系をメインのジョギングテーマの中で扱ってきたのですが、どうも最近そちらのネタが増加中。

 

 と言う事で、カテゴリーを2つに分けました。一応、これまで同様メインはジョグネタ。引き続きよろしくお願いします!

 

 そんな中、今日は更にビックな乗り物ネタが!今日行われた新潟駅高架工事見学会に、子供と2人で乗り込んできました(^^)。

 

 

(*新潟駅新高架ホーム。左が新幹線・在来特急同一ホーム乗り換え用の新5番線。)

新潟駅 高架

 

 

 この企画・・・以前から絶対やると思って密かに狙ってました。で、日報さんにその記事を見つけて、早速申込実施!

 

 今日実際行って見ると、構造物はほぼ完成状態。早や!エスカレーターとサイン類が付けば、いよいよ駅!になる感じ。

 

 ニュースによると約800名が参加したようです。皆さん何だかんだ言って、気になってたんですネ。JRさんの対応も親切でした。

 

 私実は、昭和57年の上越新幹線上り1番列車に乗ったのです。高校生でしたが、親に部活の朝練と誤魔化し長岡まで往復しました。

 

 下り1番列車で新潟に着いた時の、ホームの熱気は忘れません。今日同一乗り換えホームを見て、その日の事を思いだしました。

 

 大袈裟に言うと、上越新幹線第二の開業?的な。ついでに、ばんえつ物語号同一ホーム乗り換えで完璧!市長応援しています。

 

 以下詳細は写真にて。また、後半は過去のスマホ撮影した工事写真も紹介しています。参考になればと。4月が楽しみです!(^^)  

 

 


 

本日の工事現場見学写真レポです】

 

 

 まずは集合場所で受付をしてヘルメット着用。おお、見学っぽい。ある程度人数溜まると係の方が現場に案内してくれました。

 私的に現場入口に興味津々。結果、乗り換え用新幹線改札脇でした。こんな所に入口有ったんですネ。

 在来線改札もこの入口付近に作るとの説明あったような・・・よく聞いてませんでした(>_<)。すると、西こ線橋(構内)は廃止かな?↓

新潟駅 高架

 

 

 入るといきなり広〜いコンコース。写真では見にくいですが、ホームに上がる階段とEVの場所は良く確認できました。

 しかし、この状態で4月開業間大丈夫?なので、こっそり説明者に聞いたら「大丈夫ですよ!」。当然です。失礼しました。

 ちなみに、左が万代口側、奥が信越・白新線方面。今立ってる場所の直上が新在乗り換えホームの新5番線になります。↓

新潟駅 高架

 

 

 コンコースの次は結構長い階段の上ってホーム階に!第一印象「ここまでできていたのか〜」。正直驚きました。

 よくよく見てみると、サイン類が全くないので少し完成イメージし辛いですが、もう試運転位はOKかと。↓

新潟駅 高架

 

 

 新幹線・在来線特急同一乗り換えホームとなり新5番線です。手前の柵で、新幹線・在来線エリアを分ける形。

 こうやって、新在来ホーム構内眺めると、何だか札幌駅みたいな雰囲気を感じます。屋根とズラ〜とホームがポイント?

 写真だと手前と奥で色彩まるで異なりますが、現場ではそれほど違和感は無くに感じます。まあ、上見て歩く人少ないと思います。↓

新潟駅 高架

 

 

 新在同一ホーム乗り換えですが、改札は通る必要が有ります。2か所作るようです。また、ホームドアは県内初お目見えでは?アッ、北陸新幹線の2駅がありましたネ。↓

新潟駅 高架

 

 

 説明聞いて面白かった点に、今回線路を貯雪型弾性バラスト軌道で敷設した事があります。なるほど、そのままに落としておけばOKですネ。

 新潟市中央区付近(現在地)なら、90cm高さがあれば線路除雪はほぼ不要と思います。↓

新潟駅 高架

 

 

 下を見たら、現場の方説明していました。皆さんとてもフレンドリーで説明も親切。質問もその都度OK。良く理解できました。

 余談ですが、こうやって見るとその貯雪型弾性バラスト軌道なるものがよく判ります。↓

新潟駅 高架

 

 

 いよいよ本日のハイライト?コンクリ路盤面へ!これは嬉しかった。と言うか今後も無理。JRさんに感謝です!

 しかし、実際こうやって路盤を歩いてみると、ホームは当然ですが線路位置の高さに改めて驚き。↓

新潟駅 高架

 

 

 その路盤を歩いている時、フト線路を見たらレール締結装置がえらくカラフル。更にじっくり眺めると意匠的にも中々の一品。

 まさかデザインを考えて設計してはいないと思いますが、結果的に色・形状とも何だか構造鉄(私です)的にグッときました。↓

新潟駅 高架

 

 

 最後に駅への高架取り付け部。こちらは信越・白新線方面。こちらはどう見ても、ほぼ完成の域。

 今回は複線ですが、2期が完成すると新幹線含めて3複線高架いう中々の状況に!待ち遠しい。↓

新潟駅 高架

 

 

 こちらは越後線側。ホームは最後の追い込みですが高架部分はほぼ完成の域。↓

新潟駅 高架

 

 

 引き続き、過去の工事写真をどうぞ。

 


 

これまでの高架工事風景写真です】

 

 

 以下はこれまで通勤時なんかで撮影していた過去の駅高架工事写真です。それにしても、長い工事です。関係者の努力に感謝。

 ちなみに、写真下手です。また、過去に行くほど画像粗いです。ここはご容赦を(−−)。

 

 

1.平成28年10月頃《丁度1年前

 

 今見ると、結構躯体はできてますネ。少し意外。恐らくその後の線路敷設は時間かかるんだと思います。架線はアッという間でした。

 そう言えば、その頃高架ホームと新幹線駅舎の間には白い壁が有って、高架工事が全く見えませんでした。が、ある日いきなり開放〜!

 目の前に行き成り工事の進んだ高架ホームが見えて、中々の驚きを感じました。もう1年ですか・・・早いです。↓

新潟駅 高架

 

 1年前はまだ一部屋根が工事中だったようです。この屋根工事はあっという間でした。↓

新潟駅 高架

 

 

2.平成27年9月頃《丁度2年前

 

 駅の高架部分を作ってました。奥を半分造り手前を作るという工法が意外でした。てっきり、全体均一に立ち上がると思ってたから。

 その後屋根のアーチ柱が一本供えられた時、ようやく駅の全体像がイメージできてテンション上がった覚えが有ります。↓

新潟駅 高架

 

 

3.平成26年9月頃《丁度3年前

 

 3年前は基礎工事全開だったようです。この基礎は工事現場が低いので電車から良く見えました。

 地中の基礎が見えた時期も有って、その重厚な作りこみに結構胸が高まりました。私だけ?↓

新潟駅 高架

 

 

4.平成25年10月頃《丁度4年前

 

 基礎の太い鉄筋柱が萌えます。よく見ると、新幹線駅舎の壁や構内東こ線橋、5番線ホーム何かもギリギリ留まってます。

 この後全て撤去するのですが、それがまた工事スペースとなり他の場所の建設が進んで・・・。手順の組み方にホント感心します。↓

新潟駅 高架

 

 H23.7頃。この時期、実際何の工事やってるのかさっぱりわかりませんでした。前年11月に出来た新8・9番線から。↓

新潟駅 高架

 

 

5.平成23年10月頃《丁度6年前

 

 これが手持ちの最後。元駐車場だった場所を潰してホーム作ったような。ここにホームなんて出来るの?と私は懐疑的でした。

 でも、目に見える高架事業はこれが初めてだったので、いよいよ開始か!と胸躍りました。我ながら良く撮ってた1枚。↓

新潟駅 高架

 

 平成30年4月、遂に1期工事完了。是非初日1番列車に乗ってみたいです(^^)。  おわり

筋トレグッズ「ハンドルチューブ」購入の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 冬一直線!の我が新潟。全く晴れません(>_<)。なので、近頃は家で黙々筋トレ体操やってたのですが、先日突然腰骨左側に痛みが!

 

 なんでやねん!よくもまあ次々と痛くなるもんです(乾いた笑)。確かに寒い部屋でいきなりスクワット全開って、やり方変ですよネ。

 

 基本風呂上り等体を温めて筋トレするにして、他軽めで微妙な負荷のかかる器具を探したところ、気になる筋トレグッズ発見!

 

 

*このビヨ〜ン具合が中々いいのです。チョット癖になるビヨ〜ン(^^)。

ハンドルチューブ

 

 

 これ、商品名をその名もズバリ「ハンドルチューブ」と言います。簡単に言うとゴムチューブ。ゼビオさんで税込み¥2,290−也。

 

 面白いのが伸び具合で4種類ある事。私は現地でビヨンビヨン試してみて、負荷軽いけど回数重ねるとグッとくる強さ2番目を購入。

 

 因みに、店頭には手持ちハンドル無いチューブだけのタイプや、他メーカーで平たいゴムバンド(ほうとう?)も有りました。

 

 

*こんなパッケージ。裏面に基本的な使い方アドバイスも書いて有ります。

ハンドルチューブ

 

 

*今回は手持ちハンドル付きを購入。非常に持ちやすくなってます。

ハンドルチューブ

 

 

*裏面の使い方例。とは言え、物がゴムチューブなのでどんな負荷のかけ方もできます。

ハンドルチューブ

 

 

 さて、使ってみた感想を!まず、1回1回は負荷軽めだけど、回数重ねると妙に筋肉に効いている!この絶妙感がまず凄い。

 

 50代の体を考えれば、本当はこんな風に負荷をかければ良かったのかも。すなおに反省。怪我せず筋トレできそうな予感。

 

 また、形状自由なので、特定の部所に負荷かけることも中々よいです。今脇腹狙い撃ち中。携帯性がいいのも出張多い私的に有難い。

 

 

*先週末出張で中越地方へ。途中三条の車窓。結構積もってました。

 

 

 さて、いよいよ寒さ本番。じっと我慢の新潟県民です。でも、この時期の過ごし方って重要。野球のキャンプみたいなもんですネ。

 

 最近つくづくアップや準備運動の大切さを痛感しています。若い時は疲労でしたが今は怪我。ようやく分かってきた感じ。

 

 まあ、それがわかればやり方はいくらでもあります。ポジティブにとらえて行きたいです。後最難関は体重・・・頑張ります(^^)。  以上

寒くて家でぬくぬくの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 寒〜いのです、今週末の新潟!冬突入って感じ。外気計は4℃也。霰バキバキ風ビュービュー。先週末は19℃もあったのに・・・。

 

 なので、金曜日の夜から「走ろうか〜、どうしようか?」と考えているうちに、あっけなく週末終了。冬のモチベは難しいのです。

 

 まあ、タイヤ交換したりタンスの冬物出したり、結構この時期色々する事があります。で、こちらは一気に終了。まずは一安心(^^)。

 

*木曜日(11/16)は出張で上越市へ。山が初冠雪してました。(上越妙高駅にて)

 

 

 ところで、新潟市民ランナーの冬って意外と選択肢有ります。港トンネル?体育館?筋トレ?治療?皆さん悩む所。

 

 私も色々やってみて、結果冬は無理せず家でマッタリ筋トレ派になりました。今年もそれ!関節休ませ筋力増は結構イイかも!

 

 太平洋側と違って2月上旬まで外RUNほぼ絶望ですが、逆にこの期間を未練なく有効活用できる。これは決して悪くありません。

 

 

*こちら今週末の新潟市。タイヤ交換で車屋さんへ。まだ15時なのにこの暗さ!

 

 

 とは言え、何にもしないとアッと言う間に来春RUNシーズンへ!加えて正月またいで体重激増!なんて事も十分あり得ます。

 

 これは避けたい。まずは地道〜にプチ筋トレ続けてみようかと。筋力upしていきなり新潟ハーフって少し興味の有ったりして。

 

 何はともあれ、自然に逆らわず!新潟の冬はこれが一番ですね。ランニングもかな?(^_^)ノ  おわり

 

 


 

【鉄ネタおまけ】先週偶然新津駅で見かけた出来立てホヤホヤの山手線新型E235系。新津車両工場で完成してこれから信越線内を試運転。左は磐越西線用キハ48?、右後ろはSL磐越ものがたり号の客車12系。因みにC57は車庫の中。

E235 キハ48

素晴らしい!新潟ハーフ2018の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 本日帰宅すると見慣れない大きな封筒が・・・?早速開けてみたら新潟ハーフ2018の案内パンフ。すっかり忘れていました。

 

 早いもんです。もう来週月曜日エントリー開始。で、早速色々見てみたら結構前年から変わってます。目についた所では・・・、

 

(臀個螳:(昨年)4,000名→(今年)5、000名  (゜◇゜)「ワオ〜、千人UP!」

 

∪限時間:(昨年)4時間→(今年)3時間  (>_<)「1時間減。ちょっと心配」

 

コース:あの最後の高速脇2km(修行と言われた)が解消!素晴らしい!!!(*⌒▽⌒*)

 

 

*エントリーから早1年ですか〜早いです。

新潟ハーフ

 

 

*定員増は最大のPRポイント?かも。

新潟ハーフ

 

 

*普通に走れば大丈夫だけれどテクテク走りの私的に少しドキドキ。

新潟ハーフ

 

 

 中でも、1回でコース変更の英断をしたのは本当に素晴らしい。きっと沢山の意見があったのでしょう。あれは心が折れました(*_*;。

 

 で、簡単に言うと、ぐるっと周回コースだったのが、後半曽野木団地で折り返して、高速道路はただ抜けるだけ(並走せず)。

 

 これなら、後半も近づいてくるビックスワンを常に眺めることができ、心折れる事は決してないでしょう。感謝感謝です。

 

 

*考えぬかれたイイコースではないでしょうか。

新潟ハーフ

 

 

*前回大会。最後2km。左に有るはずのゴールビックスワンが一向に見えない。今どこ?ゼハゼハ、で皆さん心折れてまくり。

新潟ハーフ

 

 

 さて、エントリーはいよいよ来週月曜日!この主催者の努力に感謝の意を込めて、必ずエントリーします。有難うございました。

 

 →【※追記:11/18無事エントリー完了!予想タイム限界ギリギリ3:00也】

 

 イヤ〜、なんか急にテンション上がってきました。早速週末走ってきたいと思います。楽しみ、楽しみ!(^^)

 

【参考(新潟ハーフ2017のブログ)】→ https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34553309.html

 

 おわり

 

「青森の港は美しかった」新潟県民全国を走る(その10)の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 新潟から新千歳に向かう時、毎度下北半島の上を通過します。地図と同じ形!(当然)。でも、青森って我県民的には結構未開の地。

 

 そんな青森に驚きの出張命令が!マジか?仕事も重いが、見知らぬ地を訪ねる事に私のテンションどんどんUP!

 

 で、知人情報だと青森港周辺は今絶好のRUNコースになってる模様!雨天決行と決めシューズ持参で出発したのでした。

 

 

*普段トップはコース写真ですが美しかったのでこちらを(ねぶたの家「ワ・ラッセ」にて)。

ワラッセ

 

 

 

 さて、先ずは何時の通り青森への行き方紹介。基本は新幹線。大宮乗り継ぎで5時間弱、はやぶさ早っ!頑張れ上越新幹線。

 

 一方、在来線と車は共に秋田経由で約8時間。要は、新潟↔青森って本当行きずらいのです。新千歳まで1時間なのに( ̄0 ̄)

 

 でも、ついに来ました青森市。仕事に遅れないようポカリ1本背負って早朝6:20スタート。まずは青森駅周辺に向かったのです。

 

 

*駅前商店街のビジホをスタート!天気は晴れ!朝の空気が気持ちイイ!

青森駅

 

 

*早朝の青森駅。小綺麗な駅舎がイイ感じ。今は青い森鉄道さんの駅です。

青森駅

 

 

*参考まで。こちらは中々カッコいい新青森駅。青森駅から電車で10分位かかります。

新青森駅

 

 

 まずは青森駅へ。青函連絡船の面影有るかな?と見回したら、発見!当時を偲ばせる長〜いホーム。玄関口だった栄華を感じます。

 

 少し海へ進むと、博物館となった青函連絡船八甲田丸が見えてきます。青森港のシンボル?船内は当時の汽車も見学できるそうです。

 

 因みに、船の脇には「津軽海峡冬景色」の石碑が。我々世代的に、青森=この歌!の人も結構いるのでは?必見です(^^)。

 

 

*今は使われない長〜いホーム。車止め標識がイイ感じ。上空は青森ベイブリッジ。

青森駅

 

 

*駅前を海に向かう。右の茶色建物は冒頭写真のワ・ラッセ。ねぶたの実物見られます。素晴らしく美しい。

青森ベイブリッジ

 

 

*今にも動き出しそうな八甲田丸。現役最盛期はこのふ頭に3船係留していたそうです。

八甲田丸

 

 

 

*名曲「津軽海峡冬景色」の歌詞碑。ちょっと真冬に見てみたかった気も・・・。

八甲田丸

 

 

 性格上、八甲田丸周辺は妙に哀愁漂うのが何ともですが、文化財としては一級品!どっぷり当時に浸って走るのもまた楽しそう。

 

 そんな船の脇に今度はいい感じの海上歩道が。オオ!海の中を走るコースって珍しい。とても解放感を感じる場所です。

 

 海上歩道に繋がってウオーターフロントの公園になります。当日もお多くの方が早朝運動中。すぐ隣は海!いいですネ〜(^^)。

 

 

*この解放感。実は「青森ラブリッチ」との名を持ってる模様。少し微妙。

青森ラブリッチ

 

 

*八甲田丸→この橋→先の公園と上手く繋がっています。

八甲田丸

 

 

*名は「青い海公園」。本当に海が近い公園。

青い森公園

 

 

 さて、海を眺めながら公園走っていると、フト見た沖のふ頭になぜか木が1本。「なんだアレ?」。行ってみると人工丘と木が一本。

 

 そして昇ると見晴らし超最高。360度遮るもの無し。当然風も気持ちイイ。芝生もしっかり整備された丘。不思議な場所でした。

 

 ぐるっとウオーターフロントを走ってみると、青森の方は海が好き(生活の根本?)なんだナ〜とよく判ります。

 

 

*なぜか沖に木が一本だけ見える。

青森港

 

 

*行ってビックリ。美瑛か!的な場所が突如登場。湾内とは思えない。

青森港

 

 

*湾内360度視界。てか、周りに建造物無し。

青森港

 

 

 ここで一通りウオーターフロントは回りましたので、今度は青森マラソンのコースにもなっている青森ベイブリッジを渡ります。

 

 青い森公園からすぐ橋にアクセス可能。きっと眺めがいいんだろうナ〜と期待して上ってみると、これがまた本当に見晴らしいい。

 

 市街地側を走りましたが、中心市街地から青森駅の長〜いホームから、遠くは約4km先の新青森駅まで、青森市街が一望に。

 

 

*ベイブリッジの東側入口。アプローチが長いので走って上りやすい。橋の長さは1.2km。

青森ベイブリッジ

 

 

*外観インパクトでは国内随一。青森観光物産館アスパム。近くで見ても△が強烈。アスパム

 

 

*まもなく頂点。斜張タワーが美しい。夜のライトアップが綺麗との事。

青森ベイブリッジ

 

 

*青森中心市街地が良く見える。右端が青森駅付近。

青森ベイブリッジ

 

 

*青森駅の長〜いホームが良く望める。ちょっと実際ホーム行ってみたかったです。

青森駅

 

 

*遠く新青森駅も望める。実際行くと郊外バイパス沿線で結構栄えている。

青森ベイブリッジ

 

 

 はじめ市街地側を走ったのですが、何だかすごく楽しかったので、下りってグルッとUターン!続けて、海側も走ってみました

 

 天気が良ければですが、遠くに津軽・下北両半島が望めて、ここは湾だと実感できます。八甲田丸も上から俯瞰できて楽しい。

 

 こうやって走ると、青森って今も港町ですネ。親水施設を川に造った新潟、海に造った青森、それぞれ大切な地域文化だと思います。

 

 

*上から見る八甲田丸。手前に列車を船に送り込む架道橋良く見える。

八甲田丸

 

 

*ベイブリッジから見える綺麗な青森湾。浅虫温泉方面の山々もシルエットで綺麗。

青森港

 

 

*更に間近に見る。朝日に照らされるピラミッドか!

アスパム

 

 

 そろそろ帰らないと仕事に遅れますので、ベイブリッジ往復してのんびりホテルへ。本当シューズ持ってきてよかった(^^)。

 

 ・・・と、普段ここで終わるのですが、今回はもうひとつ!途中コンビニに「青森のソウルフードイギリストースト」のPOPが!

 

 これは食べねば!早速購入してそのパンで朝食。感想。「なんで青森の人はこんなに甘い物が好きなの?(>_<)

 

 

*無事駅前商店街に戻ってきました・・・が、

青森駅

 

 

*これは見過ごせません。早速購入。

イギリストースト

 

 

*これがイギリストースト。ジャリジャリ?簡単にいうとザラメ砂糖パン。驚異の481kcal也!旨い事は旨い。

イギリストースト

 

 

 さて、初めて青森市を走った感想は楽しい港が有る街!って事。ベイブリッジの眺めもいいので、ランナー的には満足度高いです。

 

 きっと、青函連絡船後、危機感も有って地元の方々が地道に整備を続けてきたのだと思います。ぜひ頑張ってほしいですネ(^^)。

 

  おわり 

 

*参考→約7kmのRUNでした。

 

 

*参考→コース拡大図。結構脇にそれました。

Screenshot_20171107-190331.png

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

【新潟県民全国を走るシリーズリンク先(^^)】


(その1)「名古屋で熱田神宮お参りの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33438933.html

 

(その2)「皇居外周はrunの聖地の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34006550.html

 

(その3)「京都鴨川はとっても雅!の巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34031239.html

 

(その3[おまけ])「ついでに大阪・神戸を散歩したの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34032608.html

 

(その4)「明治神宮参拝で心清らかにの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34123060.html

 

(その5)「なぜか水上!温泉runの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34408218.html

 

(その6)「福岡市内プチrun!文化を感じる街には人も集まるの巻」
  → https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/34428026.html

 

(その7)「飛鳥を走って超歴史を感じた(自転車で)の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=6

 

(その8)「仙台青葉城で深くリフレッシュの巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=14

 

(その9)「赤坂迎賓館を見に行く!の巻」

  → http://niigatajog3go.jugem.jp/?eid=28

快晴〜!やすらぎ堤最高〜!の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 ここ最近、ズ〜と晴れない(ような)新潟市。このまま冬突入?少しブルーだった私。ところが今朝の空・・・どっピーカン!

 

 ホント久しぶりの快晴ってか晴れ。気温も暖かい。こうなると俄然モチベーションUP。早速やすらぎ堤へ行ってきました。

 

 するといました。走る人、散歩の人、ボート練習の人、昼寝の人etc。皆さん考えることは同じ。やっぱり今日はアウトドアです。

 

*桜の紅葉が見事なやすらぎ堤です。

やすらぎ堤

 

 

*万代地区の高層マンション群も逆光でまた綺麗。

やすらぎ堤

 

 

 ところで、今日はまたQちゃん推薦の30分走5分休みを実施。ペースは自由だけど、心拍は150以下にのゆっくり走で。

 

 結果、7:00弱/kmペースで12km程走りました。後の疲労感も少ない感じで、この走り方は自分に合っているかも。

 

 因みに、右股関節痛発症せず。なので、当面目標大会もないし、この走り方で楽しく走ろうかナ〜と思っております。

 

*平均ペース適当ですネ〜。でもそれでOK。

Screenshot_20171103-122618.png

 

 

*気温も低かったせいか心拍数はほぼ150超え無し。楽でした〜。

Screenshot_20171103-122716.png

 

 

*新大ボート部さんは天気がいいのでボート整備をしていました。

やすらぎ堤


 

*漁師さんは何をとってるのでしょうか?鮭?

信濃川 漁

 


 それにしても、やすらぎ堤はイイ!何を今更ですが、良い物はヨイのです。快晴の秋空の下、今日は本当に幸せでした。

 

 日本各地に素晴らしいコースは多々あると思うけど、ここ以上のロケーションは本当に少ない。今日つくづく思いました。

 

 もう50年以上も住んでいるのに、今日また少し新潟が好きになりました。来週も晴れてくれ〜!お願いします。(^^)

 

おわり

右臀部を鍛える事にした私!の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 めっきり涼しくなりました新潟!そして週末2連続の台風。新潟シティも終わったし、今結構RUNモチベーション下がってます。

 

 さて、今週末はどうも外走る気が無く、部屋でまったり筋トレを!そして、時間もた〜っぷり有ったので改めて自らを振り返る私。

 

 右足股関節痛の原因は?→右股関節に変な負荷→右足の内旋癖!と深堀は出来ているのですが、何故内旋?が中々わからない。

 

*県庁の桜もいい感じに紅葉。秋です。

新潟 紅葉

 

 

 自分でも分かる左足のニュートラルさ!どんなに走っても関節系の痛みがでない左。両足こうなったら凄く楽しいだろうな〜。

 

 なら、内旋している右膝を無理に外に!イヤイヤやって見るとこれ危険な予感。股関節を意識して開く感じ?何か違う・・・。

 

 そんな週末、調べていたら意外な答えが。どうも根本は臀部の筋力不足みたい。ここが不足すると足全体に内旋の力が働くようです。

 

*秋は新米。先日某著名な方にお礼代わりに送ったら「いや〜う・ま・い・ネ〜」の電話が。県民的に嬉しいですネ。

新潟 新米

 

 

 どうも内旋は膝が原因ではなく、太腿骨を真っ直ぐ保つのに臀部の筋肉が不可欠。不足すると足は自然と全体が内旋するらしい。

 

 なる程!感覚的に納得。実際自分の左右お尻筋を触ってみると、明らかに右が少ない(素人感覚です)。知らなかった〜(゜◇゜)。

 

 という事で、只今日々股関節ストレッチとお尻筋肉群強化筋トレ実施中。3日経ちましたが、右足イイ感じです(素人感覚です)。

 

*今週末走ってないので写真が無くとりあえず今週の大和解体中写真を!

新潟 大和

 

 

 さて、何か今回は股関節痛防止に、凄く効きそうな予感がしています。来年3月の新潟ハーフが次の目標ですネ。

 

 因みに、その発見した説明は「RUNARTランナート足の治療院ブログ」さんに有ります。とても参考になる素晴らしいブログです。

 (参考URL→http://blog.livedoor.jp/runart/archives/1011231841.html )

 

 後は毎年繰り替えされる、正月太りに・・・要注意要注意(^^)/。  おわり

やっぱりフルが羨ましいの巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 世は選挙一色!と思ったら、今週末の主テーマは台風21号。名前も偶然ラン。なので、久しぶりにみなとトンネル行ってきました。

 

 *みなとトンネルでのランニングについてはこちらから(前ブログです)→https://blogs.yahoo.co.jp/pocodesu2002/33172297.html

 

 今日は終日天気が悪いせいか、中に入ると小見100人程の利用者が。新潟シティマラソンで新コースになった為知名度UP?

 

 ここは耐気象的メリットは元より、景色無なので妙に集中できる場所!私も想いに耽るRUN?で走ってきました(^^)。

 

 

*外は雨風、中は快適でした。相変わらず皆さんマナーもGood!

みなとトンネル

 

 

 で、何に耽るか?、先日新潟シティのファンラン走った→楽しかった→が何か寂しい→本当はフルが羨ましい・・・(-_-)zzz。

 

 そんな私に追い打ちかけるように、フト立ち寄った県立図書館でQちゃんの本発見。題して「マラソン完走マニュアル」!

 

 読むと募るフルへの想いそして何時もの勘違い(>_<)。で、早速トンネルで試してみつつ、今後の事など考えてみようと思ったのです。

 

*借りちゃいました・・・。(-_-)zzz

高橋尚子 Qちゃん

 

 

 実は読んで一番気にいったのが、長く走る為に、距離単位でなく時間区切って休憩入れる方法。成程当然ですが全く盲点でした。

 

 Qちゃんによれば、ペース関係無く30分走って5分歩き!これなら6時間でフル走れるヨ!オ〜、なんか早速やってみたい。

 

 で、やった結果がこれ。LSD厳守で3セットやったのですが・・・正直疲れました。それも結構。坂影響?ウ〜ん難い。

 

 

*基本8:00/km。きっとフルもこのペースと予想。

Screenshot_20171022-144756.png

 

 

*みなとトンネルは両端アップダウンの為心拍も結構山が立ちます。

Screenshot_20171022-144934.png

 

 

 さてさて、想いに耽るまでもなくこりゃ今の自分にはフルは無理ですネ。ハイ。でも・・・・・・・・なのです。

 

 幸いRUN後も関節痛無し。今も右股関節に一番疲労がでますが、只今フォーム改善中。結局今もブログ打ちながら想いに耽ってます。

 

 まあ、もうすぐ冬になりますので新潟では必然的に考える時間が増えます。3月の新潟ハーフ走って決めようかナ・・・(^^)。 おわり

秋の反省とりは(体重編)の巻

JUGEMテーマ:ジョギング

 

 

 秋の反省シリーズ?とりを飾るのは「体重」・・・です。これもなかなかムズイのですが、ランナー的に避けて通れない道。

 

 少し遡って今年5月、毎度のミズノランニングフォーム診断で、フォームの他超お薦めとして体重減のアドバイスを受けました。

 

 具体的には目標BMI22。当時23.5。体重で73→69kgの4kg減。新潟マラソンまで半年、楽勝と思ってたんです。

 

 

*今上越新幹線では「30品目バランス弁当」一択!ひとつひとつ味わって(^^)。

バランス弁当

 

 

*過去のベストチョイス。肉の万世2枚カツサンド!これが超旨い。

肉の万世

 

 

 ところがこれ難しい。いつも平日下がって週末増えるパターンの繰り返し。確かに走った後、結構食べ飲みしてたような・・・。

 

 で、気付けば新潟マラソン半月前、ヤバイ!流石に危機感持って昼飯大盛禁止と夕飯炭水化物抜きを急遽実行!すると・・・、

 

 それまで波打ってた体重データが一直線に。食事や運動で(少々)調整しても73.0kg付近ず〜と均衡。オー、もしや!

 

*9月半ばから見事な一直線・・・でも減らず。

 

 

 と、思ったらこのまま終了・・・!なんじゃい。時間が有った事で逆にモチベ上がらなかったのかも?色々反省です(>_<)。

 

 とプチブルーでいたら、なんと一昨日から体重少し下がってきました。今朝72.0kg。ひそかに停滞期脱出を期待中。

 

 まあ73kgも正常値!別にいいんじゃネ〜との想いは有りつつも、やっぱり気になる69!特に故障防止効果大のような気が。

 

 次は来年3月の新潟ハーフ、丁度あと半年。今はもう一度頑張ってみようかと思ってます。正月注意!

 

おわり(以下おまけ(^^))

 

 

*個人的新潟市内ベスト3は、くらたのラーメン・万代カレー・新潟駅やなぎ庵の肉そばだと思う。

やなぎ庵

 

 

*富山のマス寿司買ったら真っ白!エ〜(゜o゜、開けたの裏蓋でした。

マス寿司

 

 

*やっぱりRUN後の振る舞いが一番美味しい。柏崎マラソンのトン汁!

柏崎マラソン